3Dデザイナーの主な仕事内容・なり方・転職について

3Dデザイナーの仕事内容

3Dデザイナーとは、Maya、Maxなどといった専用のソフトウェアを用いてゲームやアプリ、映画やアニメなどに使用される3Dグラフィックスを制作するクリエイティブ職です。

業界は変わりますが、建築用の3DCGを作成する場合もあります。

具体的な仕事の流れとしては、まず2Dデザイナーの作成した下絵をもとに、ソフトを用いて3Dとしての形状を作成していきます。

この作業は「3Dモデリング」と呼ばれ、3Dモデラーと呼ばれる専任の人もいます。

その後作成した形状データに質感や光源を設定し、様々な角度から見た場合の見え方を作りこんでいきます。

そうして形が出来上がると、次にエフェクト(効果)やモーション(動き)の設定を施していきます。

一つ一つの作業に時間がかかるため、多くの場合分業制をとっています。

3Dデザイナーになるには

3Dデザイナーは専門的な技術が要される職種ですので、芸術系の大学や専門学校でデザインやコンピュータグラフィックスの基礎を学んでおくと良いでしょう。

最近では3Dについて専門的に学べる学科もありますので、まずはそうした学校を調べてみましょう。

求人としてはやはりゲーム業界が最多で、特にソーシャルゲームよりもコンシューマー向けの求人が多い傾向があります。

3Dデザイナーには基本的なデッサン力やデザインセンスのほかに、長時間の作業に集中できる力やチームメンバーとのやり取りを円滑に進めるためのコミュニケーション能力も必要とされるため、アピールできるポイントを考えておきましょう。

3Dデザイナーへの転職

3Dデザイナーの中途採用では即戦力であることが求められますので、デッサン力と3Dソフトの使用経験はほぼ必須とえいるでしょう。

他の応募者もある程度の技術や経験を持った上で志望することが多いため、他者と一線を画すためにのポートフォリオを充実させておくことが重要です。

今までに3Dソフトで作成した作品がある場合は、所要時間や使用ソフトなども詳しく説明しておきましょう。

また、CG-ARTS協会が主催している「CGクリエイター検定」を取得しておくと、ご自身の能力のアピールとして使える可能性もあります。

3Dデザイナーへの転職なら・・・
クリエイティブの求人ならリクナビNEXT