アニメーターの主な仕事内容・なり方・転職について

アニメーターの仕事内容

アニメーションを制作する工程のうち、作画を手掛ける人のことをアニメーターと呼びます。

作画には二種類あり、メインとなる場面の『原画』、メインとメインの場面を繋ぐ『動画』に分けられます。

アニメーターの仕事内容も、これらのうちどちらを担当するかによって分けられます。

『原画マン』と呼ばれる原画担当者が、ストーリーのシナリオに合わせて作られたラフスケッチ(絵コンテ)を元に原画を描き、それを『動画マン』と呼ばれる動画担当者に渡します。

その際、何枚動画が必要かということを指示するのも原画マンの仕事です。

動画マンはその指示に従って作画を進めていきます。

動画よりも原画の作成の方が難しいとされ、まずは動画マンとして作画スキルを身に着け、腕を認めてもらえると原画マンとして作画できるようになるというのが一般的な流れになります。

アニメーターになるには

アニメーターは専門性の高い職種のため、美大や専門学校などで基本的なデッサン力や空間把握力などを身に着けておくとよいでしょう。

特にアニメーション制作の専門学校であれば、より実践的なことが学べます。

総合的な画力の高さが求められるので、人物だけでなく風景画や静物などの特徴も捉えて写実的に描けるようにしておくと、ご自身のアピールポイントになります。

日ごろからたくさん描画を行い、それらをまとめたポートフォリオをきちんと用意しておきましょう。

また、専用のドローイングソフトを使用できるようにしておいたほうがベターです。

アニメーターへの転職

異なる業種からアニメーターに転職する場合、まずは動画マンとしての採用となることが多いのですが、常に人手不足の業界ですので未経験でも挑戦しやすい職種といえます。

ただしどの制作会社も拘束時間が長く激務である場合が多いため、体力や気力のある20代を採用対象としている企業もあるようです。

もしどうしてもアニメーターに転職したいと考えているのであれば、なるべく早い段階で挑戦してみることがおすすめです。

また、ご自身のセンスや能力をアピールするために短編アニメーションなどを作っておくのもよいでしょう。

アニメーターへの転職なら・・・
クリエイティブの求人ならリクナビNEXT