建築士の主な仕事内容・なり方・転職について

建築士の仕事内容

建築士とは、建築法に基づきさまざまな建築物の設計や工事の監理を行う職業です。

建築士はクライアントから建築物についての依頼を受けると、まずはじめに予算の確認やイメージのヒアリングを行います。

建物の目的が商業施設なのか、公共の建築物なのか、あるいは個人の住居なのかにより、求められる構造やデザインは大きく異なります。

そして、クライアントの要望を確認しながら、イメージしたものを図面に起こしていきます。

場合によってはクライアントが実物をイメージしやすいように、ミニチュア模型を作成する場合もあります。

構造が決定したら、柱や壁などの内装材についても細かく決めていきます。

その後、現場の施工についても設計図通りに進行しているかを監督します。

デザイン面だけでなく、耐震性や安全性、また電気系統に関する設計についても細かく指示する必要があります。

このように、建築物が完成するまでの全体を管理・監督していくのが建築士の役割です。

建築士になるには

建築士になるには国家資格を取得する必要があります。

建築士の資格には一級・二級・木造建築士の3種があり、資格によって取り扱うことができる建築物の規模が異なります。

この資格を取るための試験は誰でも受けられるわけではなく、既定の受験資格を満たす必要があります。

その受験資格とは学歴と実務経験によって決められます。

例えば大学・短大・高専の建築学科を卒業した場合は、実務経験が無くても受験することができます。

また高校の建築・土木科を卒業した場合は3年以上の実務経験、大学・短大・高専の土木科を卒業した場合は1年以上の実務経験を積めば建築士の試験が受けられるようになります。

また、指定科目を履修しなくても設計事務所や建設会社などで建築実務経験を7年以上積んだ場合も受験資格を得ることができます。

建築士への転職

前述のとおり建築士になるには国家資格が必要ですので、転職を目指す場合にも同様に資格の所得を目指しましょう。

もしご自身が受験資格を満たす状況である場合は、まずは国家試験の合格を目指しましょう。

建築士の就職先としては、組織設計事務所、ゼネコン、不動産、ハウスメーカー、建設コンサルタントなどが主ですが、地方自治体の建築部門や都市開発部門で働くという道もあります。

いずれにしろ、未経験者が建築士への転職を目指すには、長期的な計画性と忍耐力が必要といえるでしょう。

建築士への転職なら・・・
クリエイティブの求人ならリクナビNEXT