アートディレクターの主な仕事内容・なり方・転職について

アートディレクターの仕事内容

アートディレクター(AD)とは、広告制作を行なう人たちを統括し、責任を持つリーダーをあらわす職種です。

この広告制作にはグラフィックデザインや本の装丁なども含まれ、広く視覚的表現全般のことを指します。

広告の制作には、さまざまな職種の人間が関わります。

たとえば、デザインを行なうグラフィックデザイナーや、広告の文章を作成するコピーライター、撮影を行なうカメラマン、そして、CM制作などにはプランナーなどがおり、こうした現場でリーダーになって総指揮を行なうのがアートディレクターなのです。

またディレクションやマネジメントだけではなく、自分自身で手を動かすアートディレクターも多く見られます。

作家性やセンスを生かせる職種ですので、実績を積んで知名度が上がるとTVCMやWebサイト、雑誌創刊などの広告で直接指名を受けるようになり、収入も大幅にアップします。

アートディレクターになるには

アートディレクターは未経験でなれる職種ではありません。

まず、デザイナーとしての実務経験が求められ、仕事の工程や広告制作現場の全体をきちんと把握している者でなければ勤まりません。

広告制作には新聞、雑誌、ラジオ、テレビといったマス媒体をはじめ、印刷物全般やWeb広告、イベント展示ブースデザインなどさまざまなものがあります。

そのため、こうした多くの広告制作の内容について熟知していなくてはなりません。

またアートディレクターは仕事に関わる多くの人々の指揮を執るため、デザイナーとしての実績はもちろん、マネジメント能力やコミュニケーション能力といった対人能力も強く求められます。

アートディレクターへの転職

アートディレクターは広告制作の実務を未経験の者にはつとまりません。

そのため、デザイナーとしての実務経験がまず必要となります。

最近では社内に広告制作のデザイナーを雇う企業もたくさんあるため、こうした現場でもデザイナーとしてのキャリアを積むことも可能です。

しかし、自社広告だけではなく、様々なクライアントの広告案件に携わり、アートディレクターとしてステップアップするためには、やはり広告代理店や広告制作会社に転職するのが一番でしょう。

デザイナーとしての経験や広告業界である程度の経験を積むことで、アートディレクターとしての道は開けてきます。

アートディレクターへの転職なら・・・
クリエイティブの求人ならリクナビNEXT