放送作家の主な仕事内容・なり方・転職について

放送作家の仕事内容

放送作家とは、テレビやラジオの番組の台本を書くクリエイティブ職です。

台本と言っても、ドラマなどのストーリーを書くわけではありません。

番組全体の構成を考え、それを進行するための『台本』を作成します。

ですので、担当する番組のジャンルはバラエティ番組や音楽番組、ドキュメンタリー番組などが中心となります。

放送作家のもっとも重要な仕事は『企画提案』で、中には週に10本以上企画案を考える放送作家もいるようです。

企画案を携えて番組制作前に開かれる企画会議に参加し、プロデューサーやディレクターに提示して、採用された企画をさらにブラッシュアップしていきます。

そして企画内容にあわせ、キャスティングを決めたりナレーションの原稿を作成していきます。

視聴者にウケる企画を考えられるかどうかが放送作家の腕の見せ所ですので、流行などの情報収集は欠かせません。

プロデューサーやディレクターが番組制作において『中の人』であるのに対し、放送作家は『外の人』としての感性や時事の見識を持っていないと務まらないのです。

放送作家になるには

放送作家になるために必要な能力は、魅力的な企画を考えるための発想力や情報収集能力、そして台本を書くための文章力です。

これらを習得するために、専門学校や放送作家の養成スクールに通う人が多いようです。

ただし、こうした学校を出たからと言って必ず放送作家になれるわけではなく、むしろ業界の関係者とのコネクションを作る場と捉えてもよいでしょう。

放送作家になるにはこれと決まったルートがあるわけではなく、必ずしもテレビ局に就職しなければならないということもありません。

番組制作会社での下積み期間を経てなる人もいれば、放送作家の弟子からスタートする人もいます。

また、ラジオ番組などでは通称『ハガキ職人』と呼ばれる常連リスナーから、番組ディレクターにスカウトされて放送作家になるという人もいるようです。

放送作家への転職

放送作家は番組全体の流れを決める重要なポストですので、中途採用の求人が出されることはほとんどありません。

また、例えあったとしても業界経験やライティング・ディレクション経験が求められます。

もし未経験から挑戦するのであれば、まずはアシスタントや製作スタッフとなり制作現場での実務経験とコネクションを作るとよいでしょう。

放送作家への転職なら・・・
クリエイティブの求人ならリクナビNEXT