カメラマンの主な仕事内容・なり方・転職について

カメラマンの仕事内容

カメラマンとは、報道や芸能、広告などの各メディアで写真を撮影することを職業とするクリエイティブ職です。

カメラマンの仕事は写真を撮ることに他なりませんが、何のための撮影するかによって仕事内容は異なります。

たとえば広告業界のカメラマンであれば、雑誌やポスターなどに掲載する商品の写真を撮影します。

商品によってはモデルやスタイリストなども必要になりますので、彼らと共同で仕事を進めることもあります。

また報道カメラマンであれば、事故現場や政治家などの写真、いわゆるスクープと呼ばれる写真が撮るための情報収集も必要です。

他にも、スポーツ選手の試合中の写真を撮るカメラマンや、水中の写真を専門で撮っているカメラマンもいます。

身近なところでは写真館などに属し、結婚式の写真やアルバム写真などを撮影するカメラマンも。

最近では写真のデジタル化が進み、撮影だけでなくパソコンで写真の補正・修正までをカメラマンが行うことも少なくありません。

カメラマンになるには

カメラマンは新聞社や出版社、デザイン事務所などに所属する場合と、フリーランスとして働く場合の2パターンがあります。

カメラマンのなり方として一般的なのは、美術・芸術系の大学や専門学校などで基本的な撮影技術や知識を習得し、フォトスタジオでのアシスタント業務から始めてキャリアを積んでいくという方法です。

アシスタント業務のなかで外部のクライアントやスタイリストたちとのコネクションを作ることができますので、いずれフリーランスとして独立したいという人にとっても有効な方法です。

アシスタントするカメラマンによって、どこまで撮影に携わらせてくれるか、あるいはいつから撮影させてくれるかが異なりますので、つねに向上心と熱意をもって業務に励むことが重要です。

カメラマンへの転職

カメラマンに転職するためには実務経験も大事ですが、撮影の腕によっては未経験からでもカメラマンになれる可能性はゼロではありません。

もし全く異なる業界から転職する場合には、撮影の腕をアピールできるよう様々な写真の賞に応募してみるのも良いでしょう。

またスタジオのアシスタント業務はアルバイトからでも始められることが多いため、まずはそこから経験を積んでいくのも良いでしょう。

カメラマンへの転職なら・・・
クリエイティブの求人ならリクナビNEXT