漫画家の主な仕事内容・なり方・転職について

漫画家の仕事内容

漫画家は、その名の通り漫画を作る人のことを指します。

一口で漫画といっても、一般的に思い浮かぶような漫画雑誌に載っている作品だけでなく、『漫画でわかる~』というような学習用の書籍の漫画や、企業の広告に載せる漫画(サービスを説明するようなもの)、ゲームのコミカライズ版などいくつか種類があります。

基本的な仕事の流れとしては、まず話の構成を『プロット』としてまとめ、おおまかな絵コンテである『ネーム』を起こし、下書きをしてペンで清書し(ペン入れ)、色塗り(ベタ塗り)やスクリーントーンなどの効果を入れていきます。

近年では漫画作成のデジタル化が進み、COMIC STUDIOなどの漫画作成ソフトを使用するケースも増えています。

これら一つ一つの工程ごとに編集担当者に確認し、問題なければ次の工程に進んでいきますが、場合によっては何度もやり直しになることもあります。

週刊誌や月刊誌などに定期的に連載されている長編漫画の場合は、締め切りも短く一人で全ての作業をこなすことが困難なため、アシスタントを何人か雇って作業を分担するケースがほとんどです。

漫画家になるには

漫画家になるために必要な資格や学歴はありませんが、基本的な描画知識は持っていた方がよいでしょう。

漫画作成の基本はWeb上でいくらでも調べることができるため、スクールなどに通わなくても独学で身に着ける人はたくさんいます。

そうして作った作品を出版社に持ち込んだり、あるいは出版社の主催する漫画のコンテストに応募して入賞したりしてデビューするというのが一般的です。

持ち込みやコンテスト応募の際に雑誌の編集者と関わるため、そこでアシスタントを探している現役の漫画家を紹介してもらい、まずはアシスタントからはじめるという方法もあります。

実際に多くの著名な漫画家はアシスタントを経て知識やスキルを磨き、連載作家としてデビューしています。

また最近では、オンライン上の投稿サイトなどで発表していた作品の人気が上がり、単行本化するというケースも多くあります。

こうしたサービスは無料で利用もできるため、積極的に作品を公開していきましょう。

漫画家への転職

漫画家は基本的にフリーランスになりますので、仕事さえあれば明日からでも独立することができます。

漫画家を転職先として考えた場合は、求人があるのは企業広告用の漫画、書籍用の漫画、ゲームのコミカライズ版などを請け負う漫画家になります。

目的と用途がはっきりしている漫画のため、制作の自由度はそこまで高くありませんが、企業に勤めることになるため安定した収入を得られるというメリットがあります。

特に実務経験などを求められることは少なく、漫画を描くことが好きで、やる気があれば応募できるケースが多いので、求人を見つけたらぜひ挑戦してみましょう。

漫画家への転職なら・・・
クリエイティブの求人ならリクナビNEXT