キャラクターデザイナーの主な仕事内容・なり方・転職について

キャラクターデザイナーの仕事内容

キャラクターデザイナーとは、アニメやゲームなどの登場人物をデザインするクリエイティブ職です。

アニメやゲーム以外にも、小説のイラストや挿絵を書いたり、文房具や雑貨のパッケージに印刷されているマスコットキャラクターを考えたり、いわゆる「ゆるキャラ」と呼ばれるような企業や団体の顔となるキャラクターの作成を求められることもあります。

仕事の規模によってはグラフィックデザイナーがキャラクターデザインを兼任する場合もありますが、アニメやゲームの制作の場合はキャラクター数が多いため、専任のキャラクターデザイナーが担当するケースが多いようです。

キャラクターデザインの仕事の流れは、キャラクターの元となる原作がある場合は、作家と世界観を刷り合わせながらデザインを起こしていきます。

またそうした原作が無い場合は、監督やディレクターと打ち合わせをしながら登場人物の衣装や髪型、武器や小物などの装飾品について一から考えていきます。

そして出来上がった案を修正し、さらに練り上げていくのがキャラクターデザイナーの仕事です。

キャラクターデザイナーになるには

キャラクターデザイナーになるために特に必要な資格はありませんが、IllustratorやPhotoshopといった基本的な描画ツールは使えるようにしておくと良いでしょう。

また、芸術系の大学や専門学校などでデッサン力の基礎を学んだり、キャラクターデザイン専門の学科で具体的なノウハウを学んでおくと、就職の際により有利になります。

もしデザインしたいキャラクターが玩具や雑貨などのキャラクターであれば、職種に関わらずまずはそうした業界での経験を積んでみるというのも一つの方法です。

またゲーム業界でキャラクターデザイナーとしての就職を希望するのであれば、3DCGソフトに関する基本的なスキルも習得しておく必要があるでしょう。

キャラクターデザイナーへの転職

専任のキャラクターデザイナーになるには、デザインの現場での実務経験を求められる場合が多いので、前職がデザインに携わる仕事ですと転職の際に有利になります。

また、実務経験にプラスしてアピールできるのはアイデアの発想力です。

もしキャラクターデザインのコンペティションなどがあれば、積極的に応募してみると良いでしょう。

またその際に作成したものはポートフォリオとしてまとめておき、面接の際に企業側へ提示しましょう。

キャラクターデザイナーへの転職なら・・・
クリエイティブの求人ならリクナビNEXT