CMプランナーの主な仕事内容・なり方・転職について

CMプランナーの仕事内容

CMプランナーとは、クライアント(広告主)が宣伝したいと考えている商品やサービスに対して、どうやったら魅力が伝えられるか、認知度が上げられるかなどを考え、CMという形に作り上げるまでの一連の業務を行うクリエイティブ職です。

CMプランナーの多くは広告代理店やCM制作会社に所属し、クライアントの依頼をもとにCMのアイデアを練っていきます。

そしてそのアイデアをクライアントにプレゼンするため、『コンテ』と呼ばれる提案書を書き上げます。

コンテには文字だけの『字コンテ』の他に、イラストも描く『絵コンテ』や映像による『ビデオコンテ』などがあり、よりクライアントに伝わりやすい手法で、その場に応じて使い分けられています。

そして企画が通ると、CMに出演する演者の選定や撮影、CGなどが必要な場合にはデザイナーへの発注、映像の編集依頼など、制作チームと協力して企画の実現に努めます。

ときとして時代の流行を生み出すCMプランナーは、非常にやりがいのある職種といえるでしょう。

CMプランナーになるには

CMプランナーになるためには、広告代理店やCM制作会社へ就職するのが王道です。

大手の広告代理店は競争率が激しいため非常に狭き門となっており、一部の超有名大学出身者以外は就職が難しい状況です。

そのためCM制作会社や中規模の広告代理店を中心に企業研究してみるのもよいでしょう。

入社後に制作部門に配属されたら、CMプランナーとしてのキャリアがスタートします。

まずはアシスタントからスタートし、プロダクションマネージャーからプロデューサーを経てCMプランナーに、さらには上級職であるクリエイティブディレクターを目指していきましょう。

そのためにはアシスタントの段階から、先輩のフォローをしながらCMを作る上での知識や発想力などを徐々に身に着けていきましょう。

CMプランナーへの転職

CMプランナーは人気職ですので、未経験からの転職はかなり難しいといえます。

少なくとも広告代理店か広告制作会社での業界経験を積んでおく必要があるでしょう。

まずはアシスタントなどからでもCM制作会社に入り、実務経験を積んでCMプランナーを目指すという道を模索してみましょう。

CMプランナーへの転職なら・・・
クリエイティブの求人ならリクナビNEXT