コピーライターの主な仕事内容・なり方・転職について

コピーライターの仕事内容

コピーライターとは、広告媒体において”キャッチコピー”と言われる短い文章を考えるクリエイティブ職です。

15秒ほどの時間しかないCMや、雑誌のメイン記事の合間に挟まれた広告ページなど、広告媒体は基本的に人の眼に留まる時間が短いものですので、キャッチコピーの力でいかに見る人の視線を集めることができるかが重要になってきます。

そのため、短いながらもキャッチーな文章を考えられるコピーライティングのプロが広告制作の場には必要なのです。

コピーライターの勤務先としては広告会社が多く、キャリアを積み人脈を広げてフリーランスになるという方もいます。

コピーライターの仕事の流れとしては、広告企画の内容が決まってから、その内容を踏まえたキャッチコピーの制作に取り掛かります。

たとえどんなに短いキャッチコピーでもすぐ決まるということはなく、いくつも候補を挙げる必要があります。

時には100案以上考えなくてはならないことも。

その中から、これだというものをクライアントとともに絞り込んでいきます。

コピーライターになるには

コピーライターはになるためには、まずは広告会社勤務を目指すのが王道です。

大手の広告会社は人気企業のため、競争率が激しく就職は容易ではありません。

学生でも応募のできるコピーライティングの公募広告賞もありますので、アピールポイントのために挑戦してみるというのも一つの手です。

また、実際にコピーライターとして働いている方から直接ノウハウが学べるコピーライターの養成講座をデザイン事務所などが行っていることもありますので、そうした場で、広告会社の人とのつながりを作るというのも良いでしょう。

コピーライターへの転職

コピーライターは、未経験ではなかなか転職が難しい職種です。

まずは職種にこだわらず広告会社への転職を目指し、そこで業界経験を積んだり業界関係者とのつながりを作るというのも一つです。

同時に、個人で公募やクラウドソーシングの案件などに挑戦し、コピーライティングの経験を積んでおくと良いでしょう。

クラウドソーシングへの転職なら・・・
クリエイティブの求人ならリクナビNEXT