クリエイティブディレクターの主な仕事内容・なり方・転職について

クリエイティブディレクターの仕事内容

クリエイティブディレクター(CD)とは、コンセプトやアイデアを具現化するための実働部隊の指揮を執る職種です。

クリエイティブディレクターの業務内容は多岐にわたります。

クライアントの課題解決のために何ができるか、何をすべきなのかを考え、それを実現するにはどのくらいの予算で、何が必要なのか、必要なものを用意するために誰に依頼をすればいいのかを整理し、納期までのスケジュールと照らし合わせながら依頼・確認・修正の作業を行っていきます。

クリエイティブディレクターは、アートディレクターやデザイナー、コピーライターにカメラマンやスタイリストなど、各界の専門家たちを束ねる統括的な役割を果たします。

勤務形態としては、主にマスコミや広告代理店、編集プロダクション、事業会社の広告部門で働く場合がほとんどです。

クリエイティブディレクターになるには

クリエイティブディレクターは、クライアントからの依頼に対して適切な業務配分を求められるため、基本的にはクリエイティブ職としての実務経験の長い人がなる傾向にあります。

前身はデザイナーであったり、プランナーであったり、エンジニアであったりと様々ですが、各分野で経験を積んだスペシャリストがスキルアップして職に就く場合が多いようです。

また企業によっては最初からクリエイティブディレクターになることを前提として、ディレクターアシスタントとして働くこともあります。

クリエイティブディレクターへの転職

クリエイティブディレクターはある程度の経験値が求められる職種であるため、全くの未経験からすぐ転職できる求人はあまり多くないかもしれません。

なかなか求人が見つからない場合は、未経験からでも可としているアシスタント業務から携われる求人を探してみるのも良いでしょう。

また、もし今までの経験上でプランナーやアートディレクターなど、ディレクションに関わる業務を経験している方であれば、ご自身のキャリアアップ先として十分目指せる職種と言えます。

そういった方々は、ぜひ今までの成果物をアピールポイントとして転職活動に臨みましょう。

クリエイティブディレクターへの転職なら・・・
クリエイティブの求人ならリクナビNEXT