学芸員の主な仕事内容・なり方・転職について

学芸員の仕事内容

学芸員とは、博物館に勤める専門的な知識を持つ職員のことをさします。

一口に博物館と言っても、一般的な博物館だけでなく美術館や科学館、動物園、水族館、植物園、天文台などもそのくくりに入るため、勤務する場所によって学芸員の有する専門知識は変わってきます。

学芸員の主な仕事内容は、資料の収集や整理、保管、展示などの管理を行い、文化の振興の一端を担っていくことです。

また、大規模な博物館においては、専門分野の研究活動を行う研究者としての側面もあります。

そうした研究の成果は、博物館の質の向上にもつながります。

しかし現状では、地方など、学芸員の人員不足に陥っている博物館では、一つの博物館に一人しか学芸員がいないことも多く、事務的な業務などに追われて研究や調査に回す時間が無い場合もあります。

学芸員になるには

学芸員になるには国家資格が必要となります。

資格を取得するには、博物館法に従い大学で所定の科目の単位を修得する方法、単位修得と学芸員補としての実務経験を併せて認定を受ける方法、学芸員資格の認定試験や認定審査に合格する方法があります。

一般的なのは、大学で所定の科目の単位を修得する方法です。

ですので、まずは博物館に関する科目が履修できる大学で学ぶのがよいでしょう。

ただし、資格を有しているからと言って必ず学芸員になれるというわけではありません。

なぜなら、そもそも採用される人数が非常に少ないからです。

専門分野に関わる知識、知的好奇心があるのはもちろん、幅広い業務に対応できる柔軟さや、来館者の応対の際のコミュニケーション能力など、幅広い能力を備えておくとご自身のアピールポイントとなるでしょう。

学芸員への転職

学芸員への転職を目指す際にも、まずはセオリーどおり資格取得を目指しましょう。

ご自身の出身の大学などで所定の科目履修を終えておらず、改めて大学に入り直すことが出来ない場合でも、認定試験や認定審査に挑戦する方法であれば資格取得を狙えます。

また、学芸員補は大学入学資格があればどなたでも目指すことができますので、資格取得前でも勤めることが可能です。

学芸員補として実務経験と専門知識を得れば、後に学芸員の資格認定が下りることも期待できます。

学芸員への転職なら・・・
クリエイティブの求人ならリクナビNEXT