ディスプレイデザイナーの主な仕事内容・なり方・転職について

ディスプレイデザイナーの仕事内容

ショーウィンドウディスプレイデザイナーとは、店舗やイベント会場の展示空間をデザインするクリエイティブ職です。

店舗のショーウィンドウから、売り場、展示会、テーマパークの空間演出など、ディスプレイデザイナーの活躍の場は多岐にわたります。

ディスプレイデザイナーの仕事は、クライアントとの打ち合わせをもとに現場の状況に応じた要望を汲み取り、ラフスケッチやイメージグラフィックなどを作成し、具体的なディスプレイの構想を練っていきます。

そうしてデザインが決定したら、実際に施工にあたり必要な業者ヘ手配をしたり、指示を行います。

また、施工後もディスプレイの効果によって集客数に変化が出たかという効果測定を行います。

店内の売り場の一角などの小規模な空間であれば、自ら手作業で商品の配置などを行うこともあります。

一般的に、ディスプレイの中を触れるのは店舗の営業時間後になりますから、施工当日は夜間の作業が多くなりがちです。

そのため、やる気だけでなく体力やバイタリティも求められます。

ディスプレイデザインのクオリティによって店舗の売上げが左右されますので、責任が大きい分やりがいのある職業といえるでしょう。

ディスプレイデザイナーになるには

ディスプレイデザイナーは展示専門会社やデザイン会社などが主な働き先となります。

ディスプレイデザイナーになるための必須資格というものはありませんが、専門性の高い職種ですので美術大学や芸術大学、デザイン系の専門学校などで空間デザインを学んでおくと就職に有利です。

または色彩感覚や空間把握能力、インテリアの知識が必要となりますので、そうした勉強をしておくのもおすすめです。

ディスプレイデザイナーへの転職

ディスプレイデザイナーには特定の資格が必要ないので、未経験でも雇用される可能性はあります。

ただし専門的な知識が求められるため、インテリアや空間デザインに関わる業界での実務経験があった方が有利です。

最初からディスプレイデザイナーを目指すのではなく、近しい業務に携われる仕事、あるいはアシスタント業務から始めてみるというのも一つの方法です。

もし前職が空間デザイナーやインテリアコーディネーターなどの場合は、必要とされるスキルが近いため転職に有利といえるでしょう。

ディスプレイデザイナーとして実績を積むことができれば、将来的に独立やフリーランスを目指すこともできます。

ディスプレイデザイナーへの転職なら・・・
クリエイティブの求人ならリクナビNEXT