ディスプレイデザイナーの主な仕事内容・なり方・転職について

ディスプレイデザイナーの仕事内容

ショーウィンドウディスプレイデザイナーとは、店舗やイベント会場の展示空間をデザインするクリエイティブ職です。

店舗のショーウィンドウから、売り場、展示会、テーマパークの空間演出など、ディスプレイデザイナーの活躍の場は多岐にわたります。

ディスプレイデザイナーの仕事は、クライアントとの打ち合わせをもとに現場の状況に応じた要望を汲み取り、ラフスケッチやイメージグラフィックなどを作成し、具体的なディスプレイの構想を練っていきます。

そうしてデザインが決定したら、実際に施工にあたり必要な業者ヘ手配をしたり、指示を行います。

また、施工後もディスプレイの効果によって集客数に変化が出たかという効果測定を行います。

店内の売り場の一角などの小規模な空間であれば、自ら手作業で商品の配置などを行うこともあります。

一般的に、ディスプレイの中を触れるのは店舗の営業時間後になりますから、施工当日は夜間の作業が多くなりがちです。

そのため、やる気だけでなく体力やバイタリティも求められます。

ディスプレイデザインのクオリティによって店舗の売上げが左右されますので、責任が大きい分やりがいのある職業といえるでしょう。

ディスプレイデザイナーになるには

ディスプレイデザイナーは展示専門会社やデザイン会社などが主な働き先となります。

ディスプレイデザイナーになるための必須資格というものはありませんが、専門性の高い職種ですので美術大学や芸術大学、デザイン系の専門学校などで空間デザインを学んでおくと就職に有利です。

または色彩感覚や空間把握能力、インテリアの知識が必要となりますので、そうした勉強をしておくのもおすすめです。

ディスプレイデザイナーに求められる資質とは

ディスプレイデザイナーにはクリエイターに必要な独創性のほかに、場の雰囲気を感じ取るための感受性や、さまざまな要素を考慮してディスプレイを作成するためのバランス感覚が必要です。

転職サイト・リクナビNEXTの提供する”グッドポイント診断”は、あなたの強みを18種類の中から無料で診断してくれるサービスです。

グッドポイント診断で【独創性】【感受性】【バランス】などが選ばれた方は、ディスプレイデザイナーの適性があるといえるでしょう。

5分ほどの診断ですぐに自分の強みを調べることができますので、自分の適性を知るために一度受けてみることをおすすめいたします。

>>無料でグッドポイント診断を受けてみる

ディスプレイデザイナーへの転職

ディスプレイデザイナーには特定の資格が必要ないので、未経験でも雇用される可能性はあります。

ただし専門的な知識が求められるため、インテリアや空間デザインに関わる業界での実務経験があった方が有利です。

最初からディスプレイデザイナーを目指すのではなく、近しい業務に携われる仕事、あるいはアシスタント業務から始めてみるというのも一つの方法です。

もし前職が空間デザイナーやインテリアコーディネーターなどの場合は、必要とされるスキルが近いため転職に有利といえるでしょう。

ディスプレイデザイナーとして実績を積むことができれば、将来的に独立やフリーランスを目指すこともできます。

未経験からディスプレイデザイナーへ転職するには

もしあなたが未経験からディスプレイデザイナーへの転職を成功させたいのであれば、転職エージェントを活用するのがよいでしょう。

転職エージェントでは専任のキャリアアドバイザーがあなたに担当としてつきますので、あなたの希望や条件・適性などをみたうえで最適な求人を紹介してくれます。

特に未経験から異業種へ転職する場合には、その業界の情報や求人の傾向など転職のプロでなければわからない情報を得ることができますので、必ず転職エージェントへ登録するようにしましょう。

またクリエイティブ職の求人はクローズドのものも多く、転職エージェントごとに持っている情報が異なりますので、複数のエージェントに登録することが転職を成功させるための近道です。

ここでは私がおすすめする転職エージェントとその特徴について簡単にご紹介いたします。

どれも大手のエージェントですので、3社とも登録することをおすすめいたします

リクルートエージェント

業界最王手の転職エージェントです。

最大手だけありキャリアアドバイザーの質が高く、またまんべんなく幅広い求人を扱っています。

案件の総数はNo.1ですので、まずは最初におさえておく転職エージェントといえるでしょう。

→いますぐリクルートエージェントに相談してみる!

マイナビエージェント

同じく業界王手の転職エージェントです。

キャリアドバイザーの質にはむらがありますが、いい担当にあたれば手厚いサポートが期待できます。

また大手だけでなく中小ベンチャーにも強いので、会社の規模より職種にこだわる場合には登録しておくべきでしょう。

→今すぐマイナビジョブ20’s に相談してみる!

パソナキャリア

転職エージェントでは応募者の年収によってサポートの質が変わることもありますが、パソナキャリアは年収にかかわらず手厚いサポートやフォローを受けられるとの定評があります。

自身のキャリアに自信が無い場合他のエージェントで思ったようなサポートを受けられなかった場合には是非登録してみてください。

→今すぐパソナキャリア に相談してみる!

発想法フォーマットのダウンロード
マンダラートやKJ法のフォーマットを無料配布中!
発想法フォーマット無料配布!
マンダラート.KJ法.ブレストなど