DTPデザイナーの主な仕事内容・なり方・転職について

DTPデザイナーの仕事内容

DTPとはDesktop publishingの略語で、主に雑誌や書籍、パンフレットなどの紙面デザインを行うデザイナーのことをDTPデザイナーと呼びます。

グラフィックデザイナーがグラフィックそのものを作りこむ職業であるのに対して、DTPソフトを用いて全体的なレイアウトをデザインするのがDTPデザイナーです。

また、画像の修正・加工などを専門に行うDTPオペレーターと呼ばれる職種もありますが、企業によってはその役割もDTPデザイナーが担っている場合もあります。

基本的にはアートディレクターからの指示を受け、紙面のデザインを作り上げていきます。

印刷物は一度発行してしまったら修正がききませんし、使用する画像やイラストの解像度も印刷用の規定に沿わなくてはならないため、Webデザインより厳密なルールのもとで制作される場合が多いのが特徴です。

DTPデザイナーになるには

紙媒体そのものが減少傾向にある昨今、DTPデザイナーの求人はあまり多くないのが現状です。

ただ地方都市などではまだまだ紙媒体への需要が高く、フリーペーパーを発行している会社などでDTPデザイナーの求人がみられます。

DTPデザイン専門でなく、Webサイトと紙媒体両方の制作を行う制作会社でも求人はありまので、Webサイト制作の知識も身につけておくとマルチなデザイナーとして活躍の場が広がります。

また、PhotoshopやIllustlatorなどのグラフィックソフトはもちろん、レイアウトソフトであるInDesignの使用経験があるとよいでしょう。

DTPデザイナーへの転職

DTPデザイナーの中途採用は、多くの場合実務経験がある方を求めており、未経験から目指すのはなかなか難しいといえます。

デザイナーとしての実務経験が無い場合でも、前職で印刷業界に携わっていた場合は、その業界知識が使えるでしょう。

また、DTPオペレーターへの転職は未経験からでもOKの場合がありますので、まずはオペレーターとしての経験を積んでからDTPデザイナーを目指すのも一つの方法でしょう。

DTPオペレーターへの転職なら・・・
クリエイティブの求人ならリクナビNEXT