編集者の主な仕事内容・なり方・転職について

編集者の仕事内容

雑誌編集者とは、雑誌や書籍の企画から編集までの作業に携わるクリエイティブ職です。

紙媒体だけでなく、最近では電子書籍やWebサイトなどの電子媒体を扱う編集者も増えています。

編集の仕事は、媒体の形式にかかわらず、それぞれの読者に対してどういった企画が響くかを考え、それを具体的に誌面に落とし込むためにどうすればよいかを考えるところからはじまります。

予算やスケジュールをにらみながら、社内や外部のライターやカメラマンに仕事を依頼し、記事の材料をそろえていきます。

そしてそれらの素材をデザイナーに手配し、紙媒体であれば印刷会社に発注するところまで統括的に関わっていくのが編集者の仕事となります。

編集者になるには

現在、多くの出版社が独自のWebサイトを持つようになっており、電子媒体との両立あるいは移行が進んでいます。

書籍や雑誌にも特有の魅力がありますので紙媒体が全て電子媒体に切り替わってしまうということはないといわれていますが、廃刊になる雑誌が増えていたり、中堅の出版社が新規雇用を縮小していたりと、従来より雇用の入り口が狭くなっているのが現状です。

そのため、大手出版社への就職は非常に狭き門となっており、一部の有名大学出身者を中心に採用が行われています。

そんな中で、現在多く求人が出されているのがWeb編集者です。

もし紙媒体の編集に関わりたいと思われているとしても、まずはWeb編集の実務経験を積んでおけば、将来的に大手出版社への転職にも有利になるでしょう。

そのほかにも、出版者の下請けである編集プロダクションに就職したり、アルバイトとして経験をつむという方法もあります。

編集者への転職

編集者の中途採用の場合、異業種からの転職はかなり難しいといえます。

選考の際には実務経験やライティング能力が問われることが多く、実際に中途入社する人も他の出版社から転職した人や、ライターをしていたという人が多いようです。

もし全く異なる職種からの転職を目指すのであれば、まずはライターとしての経験を積んでおくというのも一つの方法でしょう。

今はクラウドソーシングでフリーのライターが募集されていることも多いですので、そうした案件を通してライターとしての実績を積むことができます。

また企画力や交渉力が求められる仕事ですので、もしご自身で何かしらの大きなプロジェクトを立ち上げた経験がある場合はアピールポイントとなるしょう。

編集者への転職なら・・・
クリエイティブの求人ならリクナビNEXT