編集者の主な仕事内容・なり方・転職について

編集者の仕事内容

雑誌編集者とは、雑誌や書籍の企画から編集までの作業に携わるクリエイティブ職です。

紙媒体だけでなく、最近では電子書籍やWebサイトなどの電子媒体を扱う編集者も増えています。

編集の仕事は、媒体の形式にかかわらず、それぞれの読者に対してどういった企画が響くかを考え、それを具体的に誌面に落とし込むためにどうすればよいかを考えるところからはじまります。

予算やスケジュールをにらみながら、社内や外部のライターやカメラマンに仕事を依頼し、記事の材料をそろえていきます。

そしてそれらの素材をデザイナーに手配し、紙媒体であれば印刷会社に発注するところまで統括的に関わっていくのが編集者の仕事となります。

編集者になるには

現在、多くの出版社が独自のWebサイトを持つようになっており、電子媒体との両立あるいは移行が進んでいます。

書籍や雑誌にも特有の魅力がありますので紙媒体が全て電子媒体に切り替わってしまうということはないといわれていますが、廃刊になる雑誌が増えていたり、中堅の出版社が新規雇用を縮小していたりと、従来より雇用の入り口が狭くなっているのが現状です。

そのため、大手出版社への就職は非常に狭き門となっており、一部の有名大学出身者を中心に採用が行われています。

そんな中で、現在多く求人が出されているのがWeb編集者です。

もし紙媒体の編集に関わりたいと思われているとしても、まずはWeb編集の実務経験を積んでおけば、将来的に大手出版社への転職にも有利になるでしょう。

そのほかにも、出版者の下請けである編集プロダクションに就職したり、アルバイトとして経験をつむという方法もあります。

編集者に求められる資質とは

編集者にはクリエイターに必要な独創性のほかに、幅広い知識を取り入れる受容性や作家との信頼関係を築く親密性が求められます。

転職サイト・リクナビNEXTの提供する”グッドポイント診断”は、あなたの強みを18種類の中から無料で診断してくれるサービスです。

グッドポイント診断で【独創性】【受容性】【親密性】などが選ばれた方は、編集者の適性があるといえるでしょう。

5分ほどの診断ですぐに自分の強みを調べることができますので、自分の適性を知るために一度受けてみることをおすすめいたします。

>>無料でグッドポイント診断を受けてみる

編集者への転職

編集者の中途採用の場合、異業種からの転職はかなり難しいといえます。

選考の際には実務経験やライティング能力が問われることが多く、実際に中途入社する人も他の出版社から転職した人や、ライターをしていたという人が多いようです。

もし全く異なる職種からの転職を目指すのであれば、まずはライターとしての経験を積んでおくというのも一つの方法でしょう。

今はクラウドソーシングでフリーのライターが募集されていることも多いですので、そうした案件を通してライターとしての実績を積むことができます。

また企画力や交渉力が求められる仕事ですので、もしご自身で何かしらの大きなプロジェクトを立ち上げた経験がある場合はアピールポイントとなるしょう。

未経験から編集者へ転職するには

もしあなたが未経験から編集者への転職を成功させたいのであれば、転職エージェントを活用するのがよいでしょう。

転職エージェントでは専任のキャリアアドバイザーがあなたに担当としてつきますので、あなたの希望や条件・適性などをみたうえで最適な求人を紹介してくれます。

特に未経験から異業種へ転職する場合には、その業界の情報や求人の傾向など転職のプロでなければわからない情報を得ることができますので、必ず転職エージェントへ登録するようにしましょう。

またクリエイティブ職の求人はクローズドのものも多く、転職エージェントごとに持っている情報が異なりますので、複数のエージェントに登録することが転職を成功させるための近道です。

ここでは私がおすすめする転職エージェントとその特徴について簡単にご紹介いたします。

どれも大手のエージェントですので、3社とも登録することをおすすめいたします

リクルートエージェント

業界最王手の転職エージェントです。

最大手だけありキャリアアドバイザーの質が高く、またまんべんなく幅広い求人を扱っています。

案件の総数はNo.1ですので、まずは最初におさえておく転職エージェントといえるでしょう。

→いますぐリクルートエージェントに相談してみる!

マイナビエージェント

同じく業界王手の転職エージェントです。

キャリアドバイザーの質にはむらがありますが、いい担当にあたれば手厚いサポートが期待できます。

また大手だけでなく中小ベンチャーにも強いので、会社の規模より職種にこだわる場合には登録しておくべきでしょう。

→今すぐマイナビジョブ20’s に相談してみる!

パソナキャリア

転職エージェントでは応募者の年収によってサポートの質が変わることもありますが、パソナキャリアは年収にかかわらず手厚いサポートやフォローを受けられるとの定評があります。

自身のキャリアに自信が無い場合他のエージェントで思ったようなサポートを受けられなかった場合には是非登録してみてください。

→今すぐパソナキャリア に相談してみる!

発想法フォーマットのダウンロード
マンダラートやKJ法のフォーマットを無料配布中!
発想法フォーマット無料配布!
マンダラート.KJ法.ブレストなど