エディトリアルデザイナーの主な仕事内容・なり方・転職について

エディトリアルデザイナーの仕事内容

エディトリアルデザイナーとは、書籍や雑誌、Webコラムなどの誌面デザインを行うクリエイティブ職です。

書籍や雑誌、マンガや新聞、カタログやパンフレットなど媒体によって適したデザインは異なりますので、それぞれ読者にとっての見やすさや読みやすさを考えた上でフォーマットに落とし込んでいく必要があります。

エディトリアルデザイナーの仕事の流れとしては、まず編集者やアートディレクターから企画の全容を聞き、それに合った誌面のデザインを提案し、修正を繰り返してブラッシュアップしていきます。

デザイン用のソフトとしては、レイアウト用にInDesign、グラフィック用にIllustratorやPhotoshopが主に使われます。

場合によっては、誌面の中身となる文章や写真をライターやカメラマンに依頼して修正指示を出すところまでをエディトリアルデザイナーが行う場合もあります。

エディトリアルデザイナーになるには

エディトリアルデザイナーになる人の多くは、芸術系の大学や専門学校でデザインの勉強をしてきた人たちです。

働き先となるのはデザイン事務所や出版社、広告代理店内の制作部などになります。

採用の際には基本的なデザイン能力が問われますので、ポートフォリオをしっかりと作成しておきましょう。

また業務上ではレイアウトソフトやグラフィックソフトの扱いは必須となりますので、それらのソフトウェアのスキルを身につけておきましょう。

エディトリアルデザイナーへの転職

出版社と比較してデザイン事務所は常に人手不足の状況ですので、比較的転職のチャンスは多いといえます。

エディトリアルデザイナーの中途採用の際には、実務経験が問われる場合がほとんどです。

異業種からの転職を目指す場合には、まずは出版業界に入り業界知識を付けるというのも一つの手でしょう。

もしエディトリアルデザイナーのアシスタントやDTPオペレーターの募集があれば、アルバイトからでも挑戦してみると良いでしょう。

また、長年エディトリアルデザイナーとしての経験をつんだ後は、フリーランスとして独立する道もあります。

エディトリアルデザイナーへの転職なら・・・
クリエイティブの求人ならリクナビNEXT