イベントプランナーの主な仕事内容・なり方・転職について

イベントプランナーの仕事内容

イベントプランナーとは、さまざまなイベントを企画・準備・運営するクリエイティブ職です。

一言でイベントといっても、販促キャンペーンのイベントやミュージックフェス、スポーツ大会など、その種類は幅広く、また案件によってイベントプランナーの業務も変わってきます。

規模が大きいイベントになると、複数のイベントプランナーが関わることもあります。

イベントプランナーの仕事は、企画に関わる情報収集をすることから始まります。

まずはイベントの行われる会場を視察し、どのようにイベントを構成していくかを考えたうえで、照明や音響、演出などの会場作りを行います。

そして広告やパンフレットなどでどのように集客を行うかをトータルで考え、各所のスタッフたちと共にイベントを作り上げていくのがイベントプランナーの役割です。

イベントプランナーになるには

イベントプランナーの主な勤務先には、広告代理店やイベント制作会社、PR会社などがあります。

入社後はアシスタントとしてイベントの企画に必要な知識を身に着け、徐々にプランナーとして仕事を進められるようになるというパターンが多いようです。

現場のことを知っておくという意味では、イベントの設営や運営スタッフとしてアルバイトをしてみるというのもよいでしょう。

イベント運営会社で働いている人たちとコネクションを作っておけば、就職の際に有利になる可能性もあります。

また、何かしら小さなイベントをご自身で実際に企画してみるというのもよいでしょう。

イベントを成功させることができれば、イベント運営のノウハウを得られると同時に面接時のアピールポイントにもなります。

イベントプランナーへの転職

イベントプランナーへの中途採用では、全くの未経験者が採用されるというケースはなかなか無いようです。

イベントプランナーの仕事には現場で得た知識や経験が必要となりますので、ある程度の実務経験はほぼ必須と言えます。

どうしても転職したい場合には、まずはアシスタントとしてアルバイトからでも現場に携わってみるのがよいでしょう。

またセンスを磨くという意味で、様々なイベントへ足を運んでみるのも重要です。

イベントプランナーへの転職なら・・・
クリエイティブの求人ならリクナビNEXT