ファッションデザイナーの主な仕事内容・なり方・転職について

ファッションデザイナーの仕事内容

ファッションデザイナーとは洋服のデザインを手掛けるクリエイティブ職です。

ファッションデザイナーの職種は、一般的に店頭で見かけるプレタポルテ、いわゆる既製服のデザインを行うデザイナーと、顧客の注文に応じて作られるオートクチュールのデザインを行うデザイナーに大きく分かれます。

『オートクチュール』と呼ばれるにはパリの組合に参加していなければならないという制約もあるため、日本のデザイナーの多くは既製服のデザイナーとなります。

ファッションデザイナーは一般的にはアパレルメーカーや衣料品メーカーに所属します。

ファッションデザイナーの仕事は、担当する洋服の購入者層についての市場分析から始まります。

どういった人たちを対象にするのか、その人たちのニーズ、市場のトレンド、競合他社はどのような製品を出しているのかなどといったことを調査し、それに基づきデザインを決めていきます。

その際、色や素材、縫製の仕方なども考えていきます。

そうしてできたデザイン画をパタンナーに渡し、型紙を作成してもらい、サンプルを制作します。

出来上がったサンプルに修正を加え、型が確定したら量産ラインに乗せる指示書を作成します。

ファッションデザイナーになるには

ファッションデザイナーになるためには、服飾系の専門学校や、大学の被服学科などで基本的な知識と技術を学び、アパレルメーカーに就職するのが王道です。

現在、著名なデザイナーとなっている人たちを輩出している学校もありますので、ご自身の惹かれる感性を持っているデザイナーの母校を選んでみるのもよいでしょう。

特に専門学校の場合は、アパレルメーカーから直接求人があったり、OBOGとして実際にデザイナーとして活躍されている方がセミナーや臨時講師に来てくれることもあり、ご自身のキャリアのイメージをより具体的に抱きやすいでしょう。

ファッションデザイナーへの転職

ファッションデザイナーは専門性が高い職種ですので、全くの未経験からの転職が難しいのが現状です。

ファッションデザイナーとしての経験が無くても応募ができる場合でも、服飾系の学校を出ているかどうかが問われたり、デザイン画などの作成に使用するソフトウェアが使えることを条件としている場合もあります。

働きながら通える夜間の専門学校もありますので、まずは服飾の基礎知識をきちんと学ぶところからはじめるのがよいでしょう。

ファッションデザイナーへの転職なら・・・
クリエイティブの求人ならリクナビNEXT