フラワーコーディネーターの主な仕事内容・なり方・転職について

フラワーコーディネーターの仕事内容

フラワーコーディネーターとは、様々なシーンにおいて彩りとなる花々を演出するクリエイティブ職です。

たとえばお祝い事のギフトや結婚式でのブーケ、ホテルやレストランのスタンドフラワーやテーブルフラワーなどの制作がおもな業務となります。

また大きいものになると、店舗の開店祝いなどに贈られる花輪や、講演会・祝賀会などのイベント会場を飾る花のコーディネートを手がけることもあります。

このように、その花が必要とされる目的や予算、クライアントの好みに基づいて、花に関する知識や経験を活かして最適なものを提案していきます。

使用する花は状態を確認しながら一つ一つ選択し、茎や葉を切るなどして見た目を整えます。

また、花々の管理も重要な仕事です。

気温や湿度によって変化していく状態に留意し、茎や葉の剪定、水の管理などにも細かく配慮する必要があります。

フラワーコーディネーターになるには

フラワーコーディネーターのおもな就職先は、花屋や園芸ショップ、結婚式場などなります。

フラワーコーディネーターになるためには、特定の資格は必要ありません。

ですが、植物に関する知識や色彩のセンスなどが求められる専門的な仕事ですので、国家資格の『フラワー装飾技能士』や、日本フラワーデザイナー協会が主催している『フラワーデザイナー』の資格を取得しておくと就職に有利です。

また、アルバイトなどで実際に現場でアシスタントの実務経験を積むという方法も有効です。

その場合は、キャリアアップが望めるかどうかを吟味した上で働き先を選ぶとよいでしょう。

フラワーコーディネーターへの転職

フラワーコーディネーターは資格が不要のため、未経験からでも目指しやすい職種といえます。

ただ、すぐに正社員として働ける場合が少なく、まずはアルバイトやパートや契約社員としての勤務からの勤務がほとんどです。

ですので、給与体系についてしっかり理解してから転職を決めた方が無難でしょう。

またブライダルに特化したフラワーコーディネーターもありますので、前職でブライダル関係の職務に就いていた方は経験としてアピールできるでしょう。

フラワーコーディネーターへの転職なら・・・
クリエイティブの求人ならリクナビNEXT