フードコーディネーターの主な仕事内容・なり方・転職について

フードコーディネーターの仕事内容

フードコーディネーターとは、飲食店のメニュー開発やコンサルティングをする、食のプロフェッショナルです。

フードコーディネーターの活躍の場は広く、食品メーカーや飲食店などの企業から料理番組や料理雑誌などのメディアまで様々です。

企業内ではレシピの作成や商品開発に携わったり、メニュー作りや店舗のプロデュース業務などを行います。

またメディアに関わる仕事では、クライアントとなる出版社やTV番組のプロデューサーから依頼を受け、レシピの考案から撮影当日の調理までを行います。

メディアの表に出る仕事だけでなく、企画や監修として、裏方的に関わることもあります。

また、フリーランスとして独立し料理教室を主宰したり、最近ではケータリングの提供などを行う人たちもいます。

フードコーディネーターになるには

フードコーディネーターを目指す場合、まずは専門学校や大学・短期大学などで調理の技術や栄養学、食品について幅広く学ぶ方法が一般的です。

調理師や栄養士の資格が在学中に取得できるコースもありますので、取得しておくと就職に有利になります。

そうした学校では食品業界への就職斡旋を行っているところもあるので、ぜひ活用しましょう。

また、特定非営利活動法人日本フードコーディネーター協会が主催する『フードコーディネーター資格認定試験』も認知度が高まりつつあります。

こうした資格を取得しておくことも、ご自身の能力のアピールにつながるでしょう。

フードコーディネーターへの転職

フードコーディネーターになるのに特定の資格は必要ありませんが、転職のためにはある程度食品に関する知識があった方が良いでしょう。

全く異なる業界からの転職をするのであれば、まずは学校で専門知識を学んだり資格を取得しておくのがよいでしょう。

もう一つの方法として、フリーランスのフードコーディネーターに直接交渉し、アシスタントとして業界に飛び込んでみるという方法もあります。

まずは下働き的な業務から始まりますが、実践的なスキルや経験が身に付けることができるでしょう。

フードコーディネーターへの転職なら・・・
クリエイティブの求人ならリクナビNEXT