ゲームプランナーの主な仕事内容・なり方・転職について

ゲームプランナーの仕事内容

ゲームプランナーとは、文字通りゲームの企画をするクリエイティブ職です。

一概にゲームと言っても、コンシューマー向けのゲーム機のみならず、PC上のオンラインゲームやスマートフォンのゲームアプリなどジャンルは多岐にわたります。

大まかな仕事の流れとしては、まずクライアントの要望をヒアリングし、マーケティング戦略を盛り込んだうえでゲームの企画をまとめていきます。

その際、案件全体の進行管理をするディレクターやプロデューサーと呼ばれる人たちと協力することもありますし、場合によってはプランナーがその役割を兼ねることもあります。

そしてコンセプトやテーマなどの概要を協議し、企画が通ればデザイナーやプログラマーなどを招集し、具体的に制作を進めるチーム体制を整えます。

ゲームの完成・発売後にも、売り上げや評判についての集計・分析を行い、それらの結果から得た改善点を次回作へ活かしていきます。

ゲームプランナーになるには

ゲームプランナーになるのに一番必要なものは、売れる企画を考えるアイデア力です。

そのため、特にこれといった資格や技術力がなくても、ゲームプランナーになりたいという強い意欲のある方は誰でも挑戦することができます。

また、一つのジャンルに限定した深い知識よりも、様々なジャンルの企画に対して臨機応変に臨める姿勢が求められます。

ただゲームが好きというだけではなく、俯瞰した視点を持ち、現在の業界の動向を広く把握しておく必要があるでしょう。

ゲームプランナーへの転職

ゲームプランナーは専門的な職種ですので、転職の際には経験者が優遇される傾向にあります。

ですが昨今ではオンラインゲームやゲームアプリの開発へ新たに事業展開する企業も増え、未経験者でも応募できる間口が増えつつあります。

そういった求人の場合、マーケティングやUI・UXデザイン、プログラミングなどのスキルがあると、より有利にご自身をアピールできます。

また、そのような経験が無い方でも、ゲームの製作はチームで行うため、進行管理の経験やグループリーダーとしての経験なども強みとしてアピールできるでしょう。

ゲームプランナーへの転職なら・・・
クリエイティブの求人ならリクナビNEXT