ゲームシナリオライターの主な仕事内容・なり方・転職について

ゲームシナリオライターの仕事内容

ゲームシナリオライターとは、さまざまなゲームのシナリオを書くクリエイティブ職です。

一般にゲームのシナリオは分岐制御の組み込まれたプログラムの一種ですので、通常の小説や脚本と異なる特殊なフォーマットで書かれます。

また一口にゲームと言っても、アクションやシューティング、ロールプレイング、シミュレーション、ノベル、パズルなどジャンルは様々で、それぞれシナリオのあり方も変わってきます。

実際の現場ではシナリオライターが専門的にシナリオのライティングを行う場合と、ゲームプランナーやディレクターがシナリオライターを兼任している場合があります。

前者は、有名なロールプレイングゲームやソーシャルゲームなど、キャラクターのセリフを大量に生成しなくてはならないゲームの製作に携わることが多いようです。

また後者の場合は、ストーリーやセリフのライティングだけではなく、プレイヤーの選択などによってどのようなイベントが起こるかといったことを考え、仕様の変更があれば自らプログラムの変更を行う場合もあります。

ゲームシナリオライターになるには

ゲームシナリオライターになるために必要な資格というものはありません。

一般的には、大学や短大、専門学校などで開発技術を習得して、ゲーム制作会社に就職します。

その場合は兼任シナリオライターとなることが多いので、プログラミングに関する基礎的な知識も必要となります。

またゲーム業界について肌で学んでおくことも重要ですので、学生のうちにゲーム関連会社でアルバイトなどをしておくのもよいでしょう。

また、ゲームシナリオのコンテストなどで賞を取っておくと、実際にどれくらい魅力的なシナリオを書けるのかという判断基準となるので、積極的に取り組んでみましょう。

ゲームシナリオライターに求められる資質とは

ゲームシナリオライターにはクリエイターに必要な独創性のほかに、地道な仕事を続けられる継続力やものごとを掘り下げて考える慎重性が求められます。

転職サイト・リクナビNEXTの提供する”グッドポイント診断”は、あなたの強みを18種類の中から無料で診断してくれるサービスです。

グッドポイント診断で【独創性】【継続力】【慎重性】などが選ばれた方は、ゲームシナリオライターの適性があるといえるでしょう。

5分ほどの診断ですぐに自分の強みを調べることができますので、自分の適性を知るために一度受けてみることをおすすめいたします。

>>無料でグッドポイント診断を受けてみる

ゲームシナリオライターへの転職

シナリオライターはまだまだ新しい職種のため、未経験者でも応募可能としている求人が多いのが現状です。

ゲーム関連の企業で働いていた経験があれば職種に関わらず有利といえますし、ゲーム以外のジャンルであってもご自身のライティング作品があればアピールになるでしょう。

ゲームは一人で作るものではありませんので、ゲームに関する知識や経験だけでなく、関わっている人たちと良好な関係を築き、円滑に業務を進行するためのコミュニケーション能力も必要です。

ゲーム業界やライティングの経験が無いようであれば、コミュニケーションやマネジメントの能力をアピールするとよいでしょう。

また先述の通り、プログラミングやグラフィックに関する知識も身に着けておくとより良いでしょう。

未経験からゲームシナリオライターへ転職するには

もしあなたが未経験からゲームシナリオライターへの転職を成功させたいのであれば、転職エージェントを活用するのがよいでしょう。

転職エージェントでは専任のキャリアアドバイザーがあなたに担当としてつきますので、あなたの希望や条件・適性などをみたうえで最適な求人を紹介してくれます。

特に未経験から異業種へ転職する場合には、その業界の情報や求人の傾向など転職のプロでなければわからない情報を得ることができますので、必ず転職エージェントへ登録するようにしましょう。

またクリエイティブ職の求人はクローズドのものも多く、転職エージェントごとに持っている情報が異なりますので、複数のエージェントに登録することが転職を成功させるための近道です。

ここでは私がおすすめする転職エージェントとその特徴について簡単にご紹介いたします。

どれも大手のエージェントですので、3社とも登録することをおすすめいたします

リクルートエージェント

業界最王手の転職エージェントです。

最大手だけありキャリアアドバイザーの質が高く、またまんべんなく幅広い求人を扱っています。

案件の総数はNo.1ですので、まずは最初におさえておく転職エージェントといえるでしょう。

→いますぐリクルートエージェントに相談してみる!

マイナビエージェント

同じく業界王手の転職エージェントです。

キャリアドバイザーの質にはむらがありますが、いい担当にあたれば手厚いサポートが期待できます。

また大手だけでなく中小ベンチャーにも強いので、会社の規模より職種にこだわる場合には登録しておくべきでしょう。

→今すぐマイナビジョブ20’s に相談してみる!

パソナキャリア

転職エージェントでは応募者の年収によってサポートの質が変わることもありますが、パソナキャリアは年収にかかわらず手厚いサポートやフォローを受けられるとの定評があります。

自身のキャリアに自信が無い場合他のエージェントで思ったようなサポートを受けられなかった場合には是非登録してみてください。

→今すぐパソナキャリア に相談してみる!

発想法フォーマットのダウンロード
マンダラートやKJ法のフォーマットを無料配布中!
発想法フォーマット無料配布!
マンダラート.KJ法.ブレストなど