ゲームシナリオライターの主な仕事内容・なり方・転職について

ゲームシナリオライターの仕事内容

ゲームシナリオライターとは、さまざまなゲームのシナリオを書くクリエイティブ職です。

一般にゲームのシナリオは分岐制御の組み込まれたプログラムの一種ですので、通常の小説や脚本と異なる特殊なフォーマットで書かれます。

また一口にゲームと言っても、アクションやシューティング、ロールプレイング、シミュレーション、ノベル、パズルなどジャンルは様々で、それぞれシナリオのあり方も変わってきます。

実際の現場ではシナリオライターが専門的にシナリオのライティングを行う場合と、ゲームプランナーやディレクターがシナリオライターを兼任している場合があります。

前者は、有名なロールプレイングゲームやソーシャルゲームなど、キャラクターのセリフを大量に生成しなくてはならないゲームの製作に携わることが多いようです。

また後者の場合は、ストーリーやセリフのライティングだけではなく、プレイヤーの選択などによってどのようなイベントが起こるかといったことを考え、仕様の変更があれば自らプログラムの変更を行う場合もあります。

ゲームシナリオライターになるには

ゲームシナリオライターになるために必要な資格というものはありません。

一般的には、大学や短大、専門学校などで開発技術を習得して、ゲーム制作会社に就職します。

その場合は兼任シナリオライターとなることが多いので、プログラミングに関する基礎的な知識も必要となります。

またゲーム業界について肌で学んでおくことも重要ですので、学生のうちにゲーム関連会社でアルバイトなどをしておくのもよいでしょう。

また、ゲームシナリオのコンテストなどで賞を取っておくと、実際にどれくらい魅力的なシナリオを書けるのかという判断基準となるので、積極的に取り組んでみましょう。

ゲームシナリオライターへの転職

シナリオライターはまだまだ新しい職種のため、未経験者でも応募可能としている求人が多いのが現状です。

ゲーム関連の企業で働いていた経験があれば職種に関わらず有利といえますし、ゲーム以外のジャンルであってもご自身のライティング作品があればアピールになるでしょう。

ゲームは一人で作るものではありませんので、ゲームに関する知識や経験だけでなく、関わっている人たちと良好な関係を築き、円滑に業務を進行するためのコミュニケーション能力も必要です。

ゲーム業界やライティングの経験が無いようであれば、コミュニケーションやマネジメントの能力をアピールするとよいでしょう。

また先述の通り、プログラミングやグラフィックに関する知識も身に着けておくとより良いでしょう。

ゲームシナリオライターへの転職なら・・・
クリエイティブの求人ならリクナビNEXT