ガーデンコーディネーターの主な仕事内容・なり方・転職について

ガーデンコーディネーターの仕事内容

ガーデンコーディネーターとは、さまざまな庭園をどのような空間にしていくか、トータルでコーディネートするクリエイティブ職です。

コーディネートする空間はリゾート施設や公園、神社仏閣、個人宅など多種多様です。

単にどのような植物をどのように配置していくのかだけでなく、ガーデン全体の構造や給水・排水、使用するエクステリアなども考えていきます。

また、実際に施工を行うスタッフと打ち合わせを行い、工期の管理などをしていくのもガーデンコーディネーターの重要な仕事です。

クライアントの要望をヒアリングした後、最適な企画を提案し、設計図をもとに現場で施工スタッフたちへ指示をしていく・・・というのがガーデンコーディネーターの仕事の一連の流れとなります。

ガーデンコーディネーターになるには

ガーデンコーディネーターの勤務先としては、造園業者や建設業者、ホームセンターや園芸店などが一般的です。

園芸に関する専門知識が必要となりますので、園芸に関連する学科あるいは建築系の学科のある大学や専門学校などで基本的な知識を学んでおくとよいでしょう。

関連資格としては、日本ガーデンデザイナー協会主催の『ガーデンデザイナー認定制度』や日本エクステリア建設業協会主催の『エクステリアプランナー』、『庭園デザインナー』『グリーンアドバイザー』など民間資格や『造園施工管理技士』『造園技能士』『園芸装飾技能士』といった国家資格がありますので、それらを取得しておくとご自身のアピールポイントとなるでしょう。

ガーデンコーディネーターへの転職

ガーデンコーディネーターは比較的未経験からでも目指しやすい職種であり、必ずしも経験者のみが中途採用されるというわけではありません。

園芸に関する経験が無い場合でも、建築系のCADやPhotoshopIllustratorなどのグラフィックソフトが使える場合は有利となりますので、デザイナー職からの転職を考えてみるのもよいでしょう。

その他にはやる気と熱意、造園が好きかどうかといったことが評価されますので、ご自身のガーデニングにかける想いを真摯に伝えてみましょう。

ガーデンコーディネーターへの転職なら・・・
クリエイティブの求人ならリクナビNEXT