インテリアコーディネーターの主な仕事内容・なり方・転職について

インテリアコーディネーターの仕事内容

インテリアコーディネーターとは、客(クライアント)の要望に沿って家具や壁面、床などのインテリアの計画を立てるクリエイティブ職です。

インテリアとひとことで言っても、照明器具の選択や設置場所、壁紙や床の材質やデザイン、家具や観葉植物など決めるべきことは多岐にわたります。

また店舗やレストランなどの商業施設とオフィスビル、一般住宅と公共施設では、それぞれに必要なインテリアが異なります。

そのため、インテリアコーディネーターはあらゆる場合において的確なノウハウを駆使し、クライアントの望むものを実現できるだけの幅広い知識が求められます。

インテリアを選ぶうえでは、単に見た目の良さだけではなく、住む人や使う人にとってベストなものを選んでいくことも重要です。

そうしたイメージやニーズに合う内装材や設備機器、照明器具、家具やカーテンなど具体的な商品を提案し、予算と照らし合わせて決定した商品の発注、納品までを手掛けます。

また場合によっては、建設や設計に携わる業務が必要となることもあります。

インテリアコーディネーターになるには

インテリアコーディネーターの主な働き先としては、家具メーカーや住宅メーカー、デザイン事務所などがあります。

インテリアコーディネーターになるために、まずは職種を問わず関連業界に入り、営業職や事務職などで実務経験を積むという人も多いようです。

またインテリアコーディネーターには民間の資格がありますが、必ずしも実務に必要というわけではありません。

ただし資格を持つことで企業側の採用の目安になりますし、企業によっては手当がつく場合あるため、まずは資格取得を目指してみるのもよいでしょう。

また、大学や専門学校で空間デザインなど建築に関する専門的な知識を学ぶことができる学科もありますので、学生の方はそうした専門学科で学んでおくと就職に有利になるでしょう。

インテリアコーディネーターへの転職

インテリアコーディネーターは実務経験が重視される職種であるため、全くの未経験よりは関連業種で経験を積んでいるか、民間の資格を有していた方が転職に有利です。

また美的感覚も求められるため、前職がデザインに関わる職種である場合はポートフォリオでご自身のデザイン能力をアピールするのが良いでしょう。

インテリアコーディネーターへの転職なら・・・
クリエイティブの求人ならリクナビNEXT