照明デザイナーの主な仕事内容・なり方・転職について

照明デザイナーの仕事内容

照明デザイナーは、照明器具そのもののデザインではなく、住宅や店舗、その他建築物の空間の光を演出するために、照明器具や照明方法を選んで照明設計を行う職業です。

家具などの調度品によって部屋のインテリアをコーディネートするのと同様に、照明デザイナーは光を使って空間をコーディネートします。

活躍の場は様々で、各種イベントや街を彩るイルミネーションをはじめ、商業施設や公共施設、一般向け住宅など多岐にわたります。

照明デザインは人に与える心理効果や街に溶け込む景観、さらには温暖化防止の観点からも重要視されており、非常に奥が深い職業といえます。

なお照明デザイナーはまだ発展途上の職種であり、斬新な照明演出に対する注目度の高さやLED照明の普及にともない、今後ますますニーズの高まるとみられています。

照明デザイナーになるには

照明デザイナーになるためには、照明デザインを学べる芸術系や美術系の大学や専門学校へ通い照明プランや工業デザイン、光工学について勉強するのが一般的です。

そして、照明器具メーカーや照明デザイン事務所に就職して実務を積むことになります。

照明デザイナーになるために必須の資格はありませんが、社団法人照明学会が認証する民間資格でもある照明コンサルタントや照明士をはじめ、カラーコーディネーターやインテリアコーディネーターなどの資格を取得する事で、知識の向上につながり仕事の幅が広がります。

なお、求人の多くは未経験でも可能な案件が多く、その場合にはアシスタントデザイナーから仕事を学ぶ場合が多いようです。

また仕事上CADソフトやPhotoshopなどのスキルが求められますので、使用経験があるほうが望ましいでしょう。

照明デザイナーへの転職

近年注目度は高まりつつあるとはいえ、照明デザイナーの求人は他の職種と比べて必ずしも多いとはいえません。

照明デザイナーへの転職を考えるのであれば、照明のデザインのみならず、照明設計の企画提案などの営業活動を行う職種も視野に入れながら探す方が良いでしょう。

なお未経験からの転職も可能ではありますが、デザイン系ソフトや3Dソフトの実務経験、照明や建築業界での経験などのスキル、さらには海外での案件も見据えて日常会話レベルの英語力があればさらに有利といえます。

照明デザイナーへの転職なら・・・
クリエイティブの求人ならリクナビNEXT