作詞家の主な仕事内容・なり方・転職について

作詞家の仕事内容

作詞家とは、楽曲に歌詞を付けるクリエイティブ職です。

レコード会社やアーティストからの依頼を受けて歌詞を考えるのが一般的ですが、最近はシンガーソングライターや、メンバー内で作詞まで手掛けるアーティストグループも増えています。

そのため、需要が多い音楽ジャンルとしては、子供向けのアニメソングや演歌などになるようです。

作曲家からデモ音源を受け取り曲をつけていくのですが、たいていの場合はアレンジ前の音源であるため、テンポや雰囲気などがわからない状態で歌詞を考えなくてはなりません。

作詞家の働き方としては、フリーランスで活動する方法と、作詞家事務所や音楽出版社などと直接契約を交わして専属として活動する方法があります。

どちらにせよ、有名になって直接作詞の依頼が来るまでは、コンペに歌詞を提出し、採用されるのを待たなくてはいけないので、兼業で作詞家の仕事をする人も多いようです。

作詞家になるには

作詞家になるのには、特に決まった方法はありません。

代表的な方法としては、作詞家専門のコースがある音楽系の専門学校などで基礎的な能力を身に着けてから、作詞家事務所に所属したり、レコード会社や音楽出版社、音楽制作会社などが行っている作詞家のオーディション、あるいは楽曲のコンペに応募するなどがあります。

こうしたコンテストでは、ただ作詞をすればよいだけではなく、楽曲に合わせて歌っている音源の形式で募集されていることが多いため、総合的な楽曲作りの力が必要となります。

作詞家への転職

作詞家になるのに決まった方法や必要な資格はないものの、作詞家といて働くためには音楽業界にコネクションがあると有利になります。

そのため、元々ミュージシャンとして活動していたり、楽曲制作を行っていた人が作詞の才能を認められて作詞家として転身するというケースもあるようです。

当然自身が稀有な才能を有していないと難しい方法ですが、音楽業界にコネクションを築くことと積極的に才能を売り込んでいくことは重要といえるでしょう。

いずれにしろ、他業種から作詞家へ転職するのは容易なことではありません。

作詞家への転職なら・・・
クリエイティブの求人ならリクナビNEXT