メイクアップアーティストの主な仕事内容・なり方・転職について

メイクアップアーティストの仕事内容

メイクアップアーティストとは、ファッションショーなどのイベントやブライダル、サロンなどの場で、モデルやタレントまたは一般の人々に対してメイクアップやヘアスタイリングを行うクリエイティブ職です。

メイクアップアーチストには、クライアントのイメージ沿ってメイクやヘアスタイリングができるだけの技術やセンス、そして化粧品に関する高い知識が求められます。

主な働き先としては、メディアの仕事を多く行うヘアメイク専門のプロダクションやエステサロン、ブライダルサロンなどがあります。

また自社商品をアピールするために、大手化粧品メーカーなどには企業専属のメイクアップアーティストが所属している場合もあります。

働く先によって仕事の流れは異なりますが、基本的に撮影やイベントのためにメイクをし、時間の経過とともにメイクやヘアが崩れてしまう個所を直しながら、終わりまで付き添います。

メイクアップアーティストになるには

メイクアップアーティストになるには、美容系の専門学校などでメイクアップに関する勉強を学ぶのが近道です。

専門学校では就職先とのコネクションを持っている場合もありますので、技術を磨くのと同時にそうした繋がりを築いていくことも重要です。

ちなみに美容専門学校で学んだ場合は、美容師国家試験を受けて美容師免許を取得し、美容師として働きながらヘアメイクを行っていくこともできます。

美容師免許を取得しない場合、美容業界の企業への就職を目指すことになります。

メイクアップアーティストへの転職

メイクアップアーティストは技術力勝負の世界ですから、全くの未経験者がすぐ活躍できるということはありません。

メイクアップアーティストへ転職は、美容師としてヘアスタイリングやメイクアップの実務経験を積んだ人が多いようです。

ですので、未経験者はまず美容師になることをを目指してみるというのも一つの手です。

ただし、異業種からの転職者もいないわけではありません。

そういう人たちは、「人と接する」というメイクアップアーティストのもう一つの側面に優れている人が多いようです。

もしご自身に接客業で活躍した経験があれば、そこで得たコミュニケーション能力を生かせる可能性もあります。

メイクアップアーティストへの転職なら・・・
クリエイティブの求人ならリクナビNEXT