映画バイヤーの主な仕事内容・なり方・転職について

映画バイヤーの仕事内容

映画バイヤーとは、世界中で行われる映画祭や映画売買市などに出向いて、映画を上映する権利やテレビで放映する権利などを買い付けるクリエイティブ職です。

映画の買い付けに出向く前に、まずは各所で制作されている作品の脚本や監督、キャスト、予算、完成時期、公開スケジュールなどの情報収集を行い、それに基づいて買い付ける作品を選定する会議を行います。

作品の選定には映画の内容だけでなく、市場での価値や話題性などのポイントも重要視されますので、マーケットを見極める能力が必要となってきます。

映画祭では多くの作品の試写に参加し、これといった作品があった場合は、関係者と買い付け交渉をします。

映画を買い付ける方法には、オークションや直接交渉などがあります。

交渉の末、上映権を獲得した映画は、実際に上映する映画館との交渉に回されます。

こうして買い付けた映画の上映料金の一部が、映画配給会社の利益となるのです。

映画バイヤーになるには

映画バイヤーに必要不可欠とされるのは語学力です。

それは海外の映画祭などに出向き、作品を評価したり交渉を行う必要があるからです。

また、始終映画作品に向き合うことになるため、専門的な知識よりも”映画が好きである”ということの方が重要な要素となります。

不眠不休で業務にあたることもあるため、本当に好きでないと取り組めない仕事です。

映画バイヤーの主な就職先は映画配給会社となります。

映画配給会社は人気も高く、新卒で就職するにはかなりの難関といえます。

もしアルバイトからでも業界に関わることができるチャンスがあれば、ぜひ挑戦してみましょう。

そしてそこで経験を積み、映画バイヤーへのキャリアアップを目指しましょう。

映画バイヤーへの転職

映画配給会社では定期的な採用を行っていない場合がほとんどですが、欠員が出た際の臨時募集などはままあります。

こうした募集の際でも、やはり経験者が優遇される場合が多いようです。

未経験からすぐ映画バイヤーになるのが難しくても、映画祭に出向く前の情報収集・資料整理を行うアシスタントの募集には挑戦できますので、まずはアシスタントとして実務経験を積んでおくのがよいでしょう。

ただしその場合でも、ビジネス英語の能力が求められる場合がほとんどです。

映画バイヤーへの転職なら・・・
クリエイティブの求人ならリクナビNEXT