映画監督の主な仕事内容・なり方・転職について

映画監督の仕事内容

映画監督とは、映画を作成する際の総責任者です。

映画監督の仕事は、撮影前にプロデューサーや脚本家とどのような作品を作るのかを打ち合わせるところから始まります。

場合によっては、映画監督自ら脚本を書くこともあります。

起用する俳優のキャスティングや、撮影に関わるスタッフを決めたら、撮影場所や衣装、撮影セットの構成など、細かな手配をしていきます。

撮影現場での映画監督の仕事は、演出全般を手掛けることです。

撮影するシーンのセットの配置や、人物の位置、カメラワークなどを確認し、俳優への演技指導も行います。

そうしてワンシーンごとに撮影、確認をその場で行っていきます。

この演出の仕方において、個々の映画監督の個性が現れるのです。

撮影後は、映像の編集や音入れにも立ち合い、一つの映像作品として仕上げていきます。

映画の公開前に、メディアのインタビューを受けたり、広告宣伝を指示するのも、映画監督の重要な仕事になります。

映画監督になるには

映画監督は、才能はもちろんのこと資金やコネクションが必要となる職種のため、「こうすればなれる」という決まったルートがあるわけではありません。

ですが映画製作に関する最低限の知識は必要となるため、まずは映画系の専門学校や大学などで映画作りの基礎を学ぶのがよいでしょう。

そうした学校の講師は実際に映画製作に関わっている場合もあるので、映画業界へのコネクションが作れる可能性もあります。

就職先としては選択肢としては映画製作会社がありますが、必ずしも下積みからステップアップして映画監督になれるというものでもないので、常に貪欲に機会を掴みに行く姿勢が重要です。

映画監督への転職

映画監督は映画製作の総合責任者となる立場ですので、未経験ですぐになれるものではありません。

転職の際にはまずアシスタントとして映画会社や映像制作会社へ勤め、映画製作の知識や経験を積むのが良いでしょう。

また、ご自身で映画の自主制作をしてみるのも一つです。

映画監督を志す人たちの登竜門となっているさまざまな映画コンテストがありますので、それらに応募して才能が認められれば、映画監督として活躍できるチャンスがぐっと広がるでしょう。

映画監督への転職なら・・・
クリエイティブの求人ならリクナビNEXT