音楽プロデューサーの主な仕事内容・なり方・転職について

音楽プロデューサーの仕事内容

音楽プロデューサーとは、音楽制作における総監督を指します。

アーティストのイメージやその楽曲の音楽性をどういった方向性にしていくのか、どうやって視聴者にアピールしていくのかといったことを決める、いわゆるマーケティングに関わる業務は音楽プロデューサーの大きな仕事のひとつです。

マーケティングの方向性が決まったら、そのアーティストに適した作詞家や作曲家などのクリエイターを選び、収録のためのスタジオやエンジニア、スタジオミュージシャンなどを決めるといった、実際にサウンド制作をする場での指揮を執ります。

また、そのアーティストのプロモーションに際し、PVやCDジャケットの撮影、雑誌などの取材に関する取り決めなどにおいても、総監督としての役割を果たします。

そういった意味で、アーティストが売れるかどうかの大部分は音楽プロデューサーの手腕次第といえるでしょう。

音楽プロデューサーになるには

音楽プロデューサーになるには、音楽系の専門学校や大学で基礎的な知識や技術を積み、レコード会社や音楽制作会社などの音楽業界の企業に入り、キャリアを積んでいくというのが一般的な方法です。

音楽プロデューサーは最終的なキャリアプランですので、まずはアシスタント業務をこなし、ディレクターやレコーディングエンジニアなどのキャリアアップを経て、最終的に到達するというビジョンをえがきましょう。

音楽に関する知識だけではなく、マーケティングや広告に関する知識、企画力、マネジメント能力などが求められる職種ですので、そうした分野に関しても学んでおくとよいでしょう。

音楽プロデューサーへの転職

先述の通り、音楽プロデューサーは最終的なキャリアであるため、未経験者対象に募集されることはほとんどありません。

転身という意味では、アーティストとして活動していた方が担当するという場合もありますが、そもそもアーティストとしての地位やキャリアが十分にある方がなるようです。

アルバイトとしてなら、ディレクターのアシスタントや、小規模な音楽制作会社などのスタッフの求人が出ることがありますので、まずはそうしたところで業界知識や経験を積んでいくというのも一つの方法でしょう。

音楽プロデューサーへの転職なら・・・
クリエイティブの求人ならリクナビNEXT