小説家の主な仕事内容・なり方・転職について

小説家の仕事内容

小説家の仕事は、その名の通り小説を書くことです。

だいたいの小説家は専門のジャンルを持っており、それに沿った作品づくりを行います。

場合によっては小説家自身の書きたいものではなく、編集部の売りたいものの執筆を要求されることもあるようです。

かつては新聞や雑誌などに掲載されたものが単行本化するという形式が一般的でしたが、最近では作品がインターネット上で発表され、それが書籍化するという形式も多くなってきています。

単行本化には、元々メディア媒体に掲載されていたものをまとめる場合と、ゼロから作品を書き下ろす場合があります。

そうして出版された書籍の印税が、小説家の主な収入となります。

勤務時間が固定されている職業とは異なり、いつでも好きな時に仕事ができるという側面がありますが、多くの小説家は執筆する時間を決め、締め切りに間に合うようにタイムスケジューリングを行っているようです。

小説家になるには

小説家になる一般的な方法は、出版社が主催している文学賞で受賞をし、その作品が書籍化されるという方法です。

文学賞を受賞していれば、わかりやすくご自身の小説家としてのステータスを築くことができます。

文学賞を受賞する以外の方法としては、直接出版社に作品を持ち込んだり、出版社と契約して自費出版を行うという方法もあります。

ただしその場合は読者に対してアピールできる材料が乏しいため、せっかく書籍を出したとしても収入につながるほど売れない可能性もあります。

小説家への転職

小説家に転身した人には、様々なジャンルの出身者がいます。

最近では芸能人が本を出して話題になることがありますが、そのように現職は別にありながら書籍を出版する人や、元は教師だったという人、編集者から小説家になる人、風俗嬢から転身する人もいたりと、かなり幅広いジャンルの人々が小説家に転身しています。

結局のところ、自身の作品が魅力的なものであるかどうかに全てがかかっているといえるでしょう。

そのため、人と変わった経歴や価値観を持つ人の方がむしろ人を惹きつける作品を生み出せる可能性があります。

小説家への転職なら・・・
クリエイティブの求人ならリクナビNEXT