パッケージデザイナーの主な仕事内容・なり方・転職について

パッケージデザイナーの仕事内容

パッケージデザイナーは、商品を入れる箱や包み、容器などの形状や絵柄のデザインを担当するクリエイティブ職です。

一口にパッケージと言っても商品によって形状が異なりますし、素材も紙やビニール、プラスチックなどさまざまなものが使用されます。

そのため、平面上の図面を作成する場合もあれば、立体イメージを作成する場合もあります。

実務としてはまずはじめにクライアントの要望を受け、商品のコンセプトや購買者層などを確認したうえで、消費者が手に取りたくなるような形状やデザインを考えます。

クライアントにとって、商品の顔となるパッケージを決めることは重要なプロセスですので、同業他社との競合(コンペ)に掛けられる場合もあります。

その場合には、1つの商品に対してデザイン案を何点も用意しなければなりません。

そして決まったデザインに沿って試作を重ね、最終的にクライアントの満足するものを目指します。

パッケージデザイナーになるには

パッケージデザイナーになるには、グラフィックデザインに関する基礎的な知識が不可欠です。

設計図の作成にはIllustratorやPhotoshopといったグラフィック系ソフトを使用しますので、十分に使いこなせるだけのスキルを身につけておく必要があります。

メーカー内にパッケージデザインを担当する部署があることもありますが、自社でデザイナーを雇っている企業は限られているため、パッケージデザイナーの職場はデザイン事務所や広告代理店などが一般的です。

その場合はメーカー企業がクライアントとなり、商品開発部門やマーケティング部門などからパッケージデザインの発注を受けることになります。

パッケージデザインの職場では即戦力であることが求められるため、新卒で目指す場合でもグラフィックデザイン系の大学や専門学校を卒業していると有利です。

パッケージデザイナーに求められる資質とは

パッケージデザイナーにはクリエイターに必要な独創性のほかに、クライアントの信頼を得るための親密性、さまざまな要素を踏まえてデザインするためのバランス感覚が求められます。

転職サイト・リクナビNEXTの提供する”グッドポイント診断”は、あなたの強みを18種類の中から無料で診断してくれるサービスです。

グッドポイント診断で【独創性】【親密性】【バランス】などが選ばれた方は、パッケージデザイナーの適性があるといえるでしょう。

5分ほどの診断ですぐに自分の強みを調べることができますので、自分の適性を知るために一度受けてみることをおすすめいたします。

>>無料でグッドポイント診断を受けてみる

パッケージデザイナーへの転職

パッケージデザイナーの求人では、特に実務経験が求められます。

異業種から転職する場合には、グラフィックデザインやプロダクトデザイン、ディスプレイデザインなどの実務経験があると有利です。

全くの未経験の場合は、まずはグラフィック系ソフトのスキルを身につけ、何らかのデザイナー職を経験するのがよいでしょう。

パッケージデザイナーとして実績をつめば、将来的にフリーランスとして活躍できる可能性もあります。

未経験からパッケージデザイナーへ転職するには

もしあなたが未経験からパッケージデザイナーへの転職を成功させたいのであれば、転職エージェントを活用するのがよいでしょう。

転職エージェントでは専任のキャリアアドバイザーがあなたに担当としてつきますので、あなたの希望や条件・適性などをみたうえで最適な求人を紹介してくれます。

特に未経験から異業種へ転職する場合には、その業界の情報や求人の傾向など転職のプロでなければわからない情報を得ることができますので、必ず転職エージェントへ登録するようにしましょう。

またクリエイティブ職の求人はクローズドのものも多く、転職エージェントごとに持っている情報が異なりますので、複数のエージェントに登録することが転職を成功させるための近道です。

ここでは私がおすすめする転職エージェントとその特徴について簡単にご紹介いたします。

どれも大手のエージェントですので、3社とも登録することをおすすめいたします

リクルートエージェント

業界最王手の転職エージェントです。

最大手だけありキャリアアドバイザーの質が高く、またまんべんなく幅広い求人を扱っています。

案件の総数はNo.1ですので、まずは最初におさえておく転職エージェントといえるでしょう。

→いますぐリクルートエージェントに相談してみる!

マイナビエージェント

同じく業界王手の転職エージェントです。

キャリアドバイザーの質にはむらがありますが、いい担当にあたれば手厚いサポートが期待できます。

また大手だけでなく中小ベンチャーにも強いので、会社の規模より職種にこだわる場合には登録しておくべきでしょう。

→今すぐマイナビジョブ20’s に相談してみる!

パソナキャリア

転職エージェントでは応募者の年収によってサポートの質が変わることもありますが、パソナキャリアは年収にかかわらず手厚いサポートやフォローを受けられるとの定評があります。

自身のキャリアに自信が無い場合他のエージェントで思ったようなサポートを受けられなかった場合には是非登録してみてください。

→今すぐパソナキャリア に相談してみる!

発想法フォーマットのダウンロード
マンダラートやKJ法のフォーマットを無料配布中!
発想法フォーマット無料配布!
マンダラート.KJ法.ブレストなど