パッケージデザイナーの主な仕事内容・なり方・転職について

パッケージデザイナーの仕事内容

パッケージデザイナーは、商品を入れる箱や包み、容器などの形状や絵柄のデザインを担当するクリエイティブ職です。

一口にパッケージと言っても商品によって形状が異なりますし、素材も紙やビニール、プラスチックなどさまざまなものが使用されます。

そのため、平面上の図面を作成する場合もあれば、立体イメージを作成する場合もあります。

実務としてはまずはじめにクライアントの要望を受け、商品のコンセプトや購買者層などを確認したうえで、消費者が手に取りたくなるような形状やデザインを考えます。

クライアントにとって、商品の顔となるパッケージを決めることは重要なプロセスですので、同業他社との競合(コンペ)に掛けられる場合もあります。

その場合には、1つの商品に対してデザイン案を何点も用意しなければなりません。

そして決まったデザインに沿って試作を重ね、最終的にクライアントの満足するものを目指します。

パッケージデザイナーになるには

パッケージデザイナーになるには、グラフィックデザインに関する基礎的な知識が不可欠です。

設計図の作成にはIllustratorやPhotoshopといったグラフィック系ソフトを使用しますので、十分に使いこなせるだけのスキルを身につけておく必要があります。

メーカー内にパッケージデザインを担当する部署があることもありますが、自社でデザイナーを雇っている企業は限られているため、パッケージデザイナーの職場はデザイン事務所や広告代理店などが一般的です。

その場合はメーカー企業がクライアントとなり、商品開発部門やマーケティング部門などからパッケージデザインの発注を受けることになります。

パッケージデザインの職場では即戦力であることが求められるため、新卒で目指す場合でもグラフィックデザイン系の大学や専門学校を卒業していると有利です。

パッケージデザイナーへの転職

パッケージデザイナーの求人では、特に実務経験が求められます。

異業種から転職する場合には、グラフィックデザインやプロダクトデザイン、ディスプレイデザインなどの実務経験があると有利です。

全くの未経験の場合は、まずはグラフィック系ソフトのスキルを身につけ、何らかのデザイナー職を経験するのがよいでしょう。

パッケージデザイナーとして実績をつめば、将来的にフリーランスとして活躍できる可能性もあります。

パッケージデザイナーへの転職なら・・・
クリエイティブの求人ならリクナビNEXT