パタンナーの主な仕事内容・なり方・転職について

パタンナーの仕事内容

パタンナーは、ファッションデザイナーが描き起こしたデザイン案をもとに型紙(パターン)を作成するクリエイティブ職です。

生地をどうやって裁断しどうやって縫製するかを、細かい部分まで専門知識を用いながら型紙に落とし込んでいきます。

完成した洋服の着心地や見え方は型紙によって変わってきますので、アパレル業界においてパタンナーは重要なポジションをしめています。

パタンナーはデザイナーのラフ画から起こした型紙に基づき、展示会などに出すサンプルを作成します。

そしてこのサンプルをもとに、営業担当らが製品の企画を決定していきます。

そして製品の企画が決まったら、量産用の型紙の作成にうつります。

この型紙は何種類かのサイズ展開をすることが多く、ベースとなる型紙から各サイズ用の型紙を作成するグレーディングと呼ばれる作業もパタンナーの仕事のひとつです。

パタンナーになるには

パタンナーになるための特殊な資格などはありませんが、未経験者や服飾に関する知識が無い人がパタンナーになるのはかなり難しく、服飾系の専門学校や大学などで専門知識を履修している人を採用するケースがほとんどです。

ですから、ますは服飾系の学校へ通うことがパタンナーになる一番の近道と言えます。

一口に服飾系と言っても学科によって学べる内容が異なりますので、パタンナーに必要な知識が本当に学べるかを基準に学校選びをする必要があります。

パタンナーへの転職

パタンナーは専門的な知識が要求される職種ですので、全くの未経験からの転職はかなり厳しいものになります。

その場合は、まず知識を身につけるために服飾系の専門学校に通い勉強するのが現実的でしょう。

また、すぐにパタンナーとしての業務に関われなかったとしても、アパレル系の企業でアシスタント業務につき専門的な実務経験を積むという方法もあります。

アパレル業界は華やかなイメージがある一方で過酷な業務も多く、人の入れ替わりが激しい業界です。

もしパタンナーの仕事に関われるチャンスが来たら、いつでもフットワーク軽く動ける準備をしておきましょう。

パタンナーへの転職なら・・・
クリエイティブの求人ならリクナビNEXT