プロダクトデザイナーの主な仕事内容・なり方・転職について

プロダクトデザイナーの仕事内容

プロダクトデザイナーは、身の回りのあらゆる工業製品(家電や携帯電話、家具、食器など)のデザインを行う職業です。

実際に人々が使用するもののデザインをするため、機能性とデザイン性の両面が求められます。

また素材や強度、安全性、生産性などの幅広い知識が求められるため、かなり専門性の高い職種といえます。

現在ではメーカー各社は機能での差別化が難しくなってきており、デザインの重要性が高まっています。

そのため大手メーカーは社内のデザイン部門に多くのデザイナーを抱え、日々新しいデザインを生み出しています。

なお、家電製品や業務用機器などの機械製品のデザイナーをインダストリアルデザイナー(工業デザイナー)と呼んで区別する場合もありますが、ほぼ同義で使われることが多いようです。

プロダクトデザイナーになるには

プロダクトデザイナーになるためには、美術大学や工学部などの工業デザイン学科で専門知識や技術を学んだ後に、メーカーのデザイン部に就職するルートが一般的です。

Photoshop、Illustratorなどのグラフィックデザイン系ソフト以外に、2DCADや3DCADのスキルが求められる場合もあります。

メーカー内でのプロダクトデザイナーの仕事はデザイン以外に設計や生産、流通といった工程にも関わりますので、幅広い知識やコミュニケーション能力が求められます。

また自分のデザインを論理的に説明するためのプレゼンテーション能力も必須といえます。

プロダクトデザイナーへの転職

プロダクトデザインは業務範囲が広いため、求人の件数自体はある程度あるようです。

ただし、テレビコマーシャルで宣伝するようなメジャーな製品をデザインするためには大手メーカーのデザイン部に転職する必要があるため、一気に難易度があがります。

まずは会社規模や扱う商品の知名度を気にせずにプロダクトデザイナーとしての実務経験を積み、その上で転職によるキャリアアップを目指すのがよいでしょう。

主なプロダクトデザイナー

プロダクトデザイナーへの転職なら・・・
クリエイティブの求人ならリクナビNEXT