商品企画職の主な仕事内容・なり方・転職について

商品企画職の仕事内容

商品企画職は、世の中のニーズを探りながら新しい商品やサービスを送り出す仕事です。

勤務先は主にメーカーの商品企画部門になります。

市場調査や情報収集、アイデアの発想、コンセプトの策定から技術的な検証まで、商品企画の業務範囲は多岐にわたります。

それ以外にも経営陣や営業部門へのプレゼンテーション、技術部門や生産部門との調整など社内のあらゆる部門との折衝が必要となるため、高いコミュニケーション能力や幅広い知識が求められます。

商品開発は大きくわけて既存商品の改良・改善を行う開発と、全く新しい商品の開発の2種類があります。

商品開発のサイクルは短いもので3~4ヶ月、長いものですと10年以上にも及ぶ場合があります。

また1つの商品をチームで分業して担当する場合もありますし、1人の担当者が複数の商品を担当する場合もあり、扱い商品やサービスによって仕事内容は大きく異なります。

商品企画部門はメーカーにとっての心臓部であり、花形部署といえます。

そのため、メーカーへの就職希望者の多くは商品企画部門への配属を希望する傾向があり、競争率は非常に高くなっています。

商品企画職になるには

商品企画に必要な知識は多岐にわたりますが、就職や転職のために全てを学んでおく必要はありません。

商品開発のプロセスの中の一部分(マーケティング、プロダクトデザイン、設計、生産技術など)に関する十分な知識があれば、商品企画職として働けるチャンスがあります。

そのため、工学系・デザイン系・経済系のなど大学や専門学校で専門知識を学び、メーカーに就職するのが近道です。

たいていの場合はまず営業部門や販売部門で現場の経験を積んだ上で、適正をみて商品企画部門に配属されるケースが多いようです。

商品企画職への転職

あらゆる業種において新しい企画が求められており、商品企画職の求人は比較的多めです。

大部分は商品企画の経験者の求人となっていますが、それぞれの業界において専門知識が豊富である場合は、未経験者にも十分にチャンスがあります。

最終的には企画力が求められますので、当サイトのアイデアの出し方の記事を参考にしてみてください。

商品企画職への転職なら・・・
クリエイティブの求人ならリクナビNEXT