プログラマーの主な仕事内容・なり方・転職について

プログラマーの仕事内容

プログラマーとは、コンピューターを動かすためのプログラムを作成するクリエイティブ職の総称です。

一口にプログラマーと言っても、現在は様々な業種で活躍している人たちがいます。

Webサイトの構築やゲームの開発、スマートフォンなどの精密機械や家電製品に組み込まれる制御プログラムの開発、パソコンにインストールして使うパッケージソフトの開発、オープン系と呼ばれるサーバーシステムの構築、汎用系と呼ばれる基幹システムの構築、通信系の開発など、その活動範囲は多岐にわたります。

またそれぞれのジャンルによって習得すべきコンピューター言語や勤務形態、待遇面も大きく異なります。

そのため、ご自身のやりたいことが実現できるのはどのジャンルなのか、業界知識をきちんと得たうえで選択するとよいでしょう。

基本的にどの業界でも共通しているのは、プログラムを組み、完成させるまでに不具合を修正してテストを繰り返していくという工程です。

また、ローンチ後も実際に運用していく中で不具合が発生することもあり、それに随時対応していくのもプログラマーの仕事になります。

プログラマーになるには

プログラマーの主な就職先には、システム開発やソウトウェア開発会社をはじめ、各種メーカーや小売業・流通業など幅広い企業があります。

現在、あらゆる業種でプログラマーの需要は高く、常に人手不足の状況です。

そのため、プログラミング未経験からでも応募可能として雇用の間口を広げている企業も多くあります。

そういった企業は、入社後の研修で業務に必要な知識を学べるため、誰でもプログラマーを目指すことができるといえます。

ですが、本気でプログラマーを目指すのであれば、専門学校や書籍・インターネット上の情報でプログラミングの勉強は可能ですので、最低限の知識は学んでおくべきでしょう。

プログラマーへの転職

新卒の採用と異なり中途採用の場合は即戦力を求められることが多く、プログラミングの実務経験が応募条件にある場合が多くなります。

ただしプログラマーの需要が高いことは事実ですので、未経験者の応募可能としている求人も少なからずあります。

その場合は仕事に打ち込むやる気や根気、チームメンバーとのコミュニケーション能力などが問われます。

特に、今後プログラミング技術を習得することに関しての意欲があることをしっかりアピールしていきましょう。

プログラマーへの転職なら・・・
クリエイティブの求人ならリクナビNEXT