空間デザイナーの主な仕事内容・なり方・転職について

空間デザイナーの仕事内容

空間デザイナーとは、公共施設や店舗・ホテル・イベント会場など様々な場のトータルな内装設計を担当するクリエイティブ職です。

新しくオープンする店舗の設計から期間限定イベントの会場の構想など、案件によって携わる業務の幅も変わってきます。

また、ただスペースを美しくデザインするだけでなく、消費者心理に基づきどうしたら購買意欲をそそることができるのかを踏まえて商品の陳列をするのも、空間デザイナーの仕事の一つです。

具体的な仕事の流れとしては、まずクライアントから依頼を受け、デザインする空間の敷地面積や天井の高さなどを把握し、その中で可能な空間表現を考えていきます。

そしてプレゼンした案が通れば、それに必要な資材や人員の手配をしていきます。

実際に現場に赴き全ての監督を行うのも空間デザイナーの役目です。

仕事の規模によっては設営に長期間を要する場合もあり、設計士や施工業者とやりとりしながらそれらがすべて完成するまでを担当します。

空間デザイナーになるには

空間デザイナーを目指すのであれば、空間デザインや建築について基礎的な知識を学べる学校へ通うのが近道です。

全国には空間デザイン学部やインテリアデザイン学部など実践的な知識を身に着けられる大学や専門学校がありますので、まずはいろいろと調べてみましょう。

また、日本デザインプランナー協会が主催する空間ディスプレイデザイナー認定試験というのもありますので、取得しておくとアピールポイントとして使えるでしょう。

主な就職先としては、デザイン事務所や建築会社の他に、ハウスメーカーや大手飲食店など自社で空間デザインを行っている企業も候補にあげられます。

空間デザイナーへの転職

昨今はインテリアコーディネーターから空間デザイナーへ転職するパターンが多くみられます。

インテリアコーディネーターは空間デザイナーと仕事内容が似通っており、即戦力として力を発揮できるからと思われます。

またプロダクトデザインやグラフィックデザインなど、デザイナーとしての実務経験を積んだ方の転職も多いようです。

そのため、全くの他業種や業界からの転職は容易ではないのが現状です。

まずはアルバイトとして実務経験や知識を得てステップアップしていくという道もありますので、空間デザイナーを目指すのであればなるべく早い段階でアクションを起こすようにしましょう。

空間デザイナーへの転職なら・・・
クリエイティブの求人ならリクナビNEXT