演出家の主な仕事内容・なり方・転職について

演出家の仕事内容

演出家とは、演劇やミュージカル、コンサートなどの舞台作品の演出を行うクリエイティブ職です。

テレビドラマや映画などの映像作品の演出も演出家の仕事ですが、それらの映像メディアでは監督やディレクターが演出家の役割を行うケースがほとんどです。

そのため映像制作の場での演出家は、監督やディレクターの描いたイメージに沿って演技指導などを行うフォロー的な立場となりまります。

一方で舞台作品の制作においては、演出家が監督やディレクターの役割をおいます。

舞台全体のイメージを練ることからはじまり、キャストの配役や照明・音響、舞台装置などの構想、そして衣装合わせや演技指導など、演出家は舞台制作の全ての決定権を持ちます。

舞台における演出家の影響力は大きく、演出家の良し悪しによって作品の人気が決まるほどです。

そのため、自身で劇団を主宰する演出家も少なくありません。

演出家になるには

演出家になるためには特別な資格は必要ありません。

ですが専門的な知識や技能を必要とする職種ですので、まずは演出家になるための専門学科のある大学や専門学校で舞台制作の基礎を学ぶとよいでしょう。

著名な演出家・映画監督を輩出している学校も多いので、ご自身の憧れとする演出家の母校を選んでみるのも一つです。

演出家の勤務先は、どんな形態の作品を手掛けたいかによって異なります。

テレビドラマであれば制作会社やテレビ局、コンサートなどであればイベント会社、演劇やミュージカルであれば劇団になるでしょう。

一般にそうした業界で下積みからはじめることになりますが、すぐにでも演出家として活動したければ、自身で劇団を立ち上げるという方法もあります。

演出家への転職

中途採用として演出家の求人が出されることはあまり多くありません。

個人の才能が色濃く反映される仕事であるため、キャリアを積んだ演出家の多くはフリーランスとして活動をしているからです。

募集されるとしたら演出家のアシスタント的な仕事を任される制作スタッフでしょう。

雇用形態もアルバイトかもしれませんが、経験を積みコネクションを作るには良いでしょう。

演出家への転職なら・・・
クリエイティブの求人ならリクナビNEXT