スタイリストの主な仕事内容・なり方・転職について

スタイリストの仕事内容

スタイリストは、テレビ番組やCM、雑誌などのメディアや、商品カタログなど広告媒体に登場するタレントやモデルなどの衣装をコーディネートするクリエイティブ職です。

具体的な仕事の流れとしては、まずクライアントと打ち合わせを行い、その案件に合わせたイメージを練っていきます。

そのタレントやモデル自身を目立たせるのが目的の場合は、その人たちのイメージに沿った衣装を考える必要がありますし、衣装そのものを目立たせる場合は、いかに購買欲をそそる見せ方ができるかを考える必要があります。

方向性が決まったら、必要な衣装や小物を用意します。

商品以外のものはレンタルの場合が多く、撮影に向けて用意をしておきます。

撮影・収録の当日は、メイク担当のスタッフや撮影担当のスタッフたちと協力し、打ち合わせで決めた内容に沿って必要なカットを撮影・収録していきます。

実際にタレントやモデルに合わせてみてイメージが異なる場合、修正が要されることもありますからその都度対応をしていきます。

そして撮影が終了したら、レンタルしたものを返却します。

スタイリストになるには

スタイリストとしての働き方には大きく2種類あります。

一つはスタイリスト事務所に勤める方法、もう一つはフリーランスとして働く方法です。

フリーランスになるにはかなりの経験と実績が必要ですので、まずはスタイリスト事務所に勤めるというのが一般的です。

多くの場合は、服飾系の専門学校や大学の被服学科などで基本的な知識を身に着けてから、スタイリスト事務所でアシスタントとして下積み期間を過ごします。

そこでセンスやノウハウを習得しながら、クライアントや協力業者とのコネクションを作り、フリーランスとして独立していくのです。

スタイリストへの転職

スタイリストを目指す人は、アパレルショップの店員だったり、アパレルメーカーの社員だったりと、何かしら服飾に関わっている人たちが多いようです。

トレンドを知ることが出来るという点で、そうした経験は有利になるでしょう。

しかし、スタイリストを目指す場合は、基本的にアシスタントからキャリアを始めることになりますので、未経験からでも目指しやすい職種と言えます。

ただし、数多くの衣装や小物を運んだり、長時間に及ぶ撮影に立ち合わなくてはならなかったり、不規則な収録時間に合わせなくてはならなかったりと、華やかなイメージだけではない職種です。

その点を十分に理解しておかないと、アシスタント業務は務まらないでしょう。

スタイリストへの転職なら・・・
クリエイティブの求人ならリクナビNEXT