システムエンジニアの主な仕事内容・なり方・転職について

システムエンジニアの仕事内容

今の時代、コンピュータは私たちの生活になくてはならないものとなっています。

コンピューター社会の重要な担い手のひとつがシステムエンジニア(SE)という職種です。

システムエンジニアはコンピュータに関する職種のひとつで、コンピュータを動作させるためのソフトウェアと、動かすためのハードウェア(機械や装置、設備)を組み合わせてひとつのシステムを設計する技術者です。

ソフトウェアの開発や運用には、プログラマーやプランナーと呼ばれる専門の技術者が携わり、システムエンジニアは顧客の要望に対する情報システムの考案から構築技術手法の選定や行程期間の管理、でき上がったシステム設計の確認やその後の運用でのサポートなど、広い範囲での活躍が求められます。

システムエンジニアになるには

システムエンジニアになるには、コンピューター全般やネットワーク、プログラミングに関する基礎知識が求められます。

これらの知識や技術を独学で身につけるのは非常に難しいため、情報工学系の大学やコンピュータ系の専門学校などで学ぶのが近道です。

卒業後は、コンピュータ関連企業やソフト制作会社、あるいは企業のシステム部門などに就職し、学習した基礎的知識をもとにさらなる知識や技術、経験を身につけていきます。

またシステムエンジニアには高度な知識と技術が求められますので、まずはプログラマーとしての経験を積んでからシステムエンジニアになるというパターンが多いようです。

なお、システムエンジニアになるために特定の資格は必要ありませんが、基本情報技術者試験や応用情報技術者試験の資格を取得することで、基礎知識を身につけたり給与面で待遇されるなどのメリットがあります。

システムエンジニアへの転職

システムエンジニアの知識や技術はどの企業でも活かすことができるため、一度なってしまえば転職がしやすい職種といえます。

リーマンショック以降は企業の設備投資が減少し、システム分野での求人も減少していましたが、ここ最近の景気回復にともないシステムエンジニアをはじめとしたIT関連職の求人が増加しており、企業側も積極的に優秀な人材の確保に動いています。

システムエンジニアへの転職方法は、人脈を使っての転職や他企業からのスカウト、企業への中途採用への直接応募や転職エージェントに依頼してのマッチングなど様々な方法があります。

システムエンジニアはシステムに関する知識や技術はもとより、ヒアリング・コミュニケーション能力、問題分析・解決能力、プレゼンテーション能力が求められるため、それらの能力をを高めておく事が転職への成功の近道といえるでしょう。

システムエンジニアへの転職なら・・・
クリエイティブの求人ならリクナビNEXT