ツアープランナーの主な仕事内容・なり方・転職について

ツアープランナーの仕事内容

ツアープランナーの仕事は、国内や国外の旅行ツアーにおいて、目的地や工程などの具体的な計画を立てることです。

ツアープランナーにはそれぞれ担当の地域があり、その地域内での旅行プランを考えます。

その地域に訪れる観光客層を分析し、彼らが求めているイベントやどの観光地が人気なのかなどをリサーチしたうえで、宿泊する施設や利用する交通機関、どういうルートで観光地を回るのか、あるいはどういったアクティビティに参加するのかなど細かく決めていきます。

また、自身が企画した旅行プランにツアーコンダクターとして同行することもあります。

ツアープランナーになるには

ツアープランナーは一般的に、旅行会社や旅行代理店に所属しています。

まずそういった旅行関連の企業への就職を目指しましょう。

ツアープランナーになるための必須の資格というものはありませんが、旅行業者は各営業所ごとに『旅行業務取扱管理者』を一名以上選任することが義務付けられているため、国内の旅行業務のみ取り扱うことが出来る『国内旅行業務取扱管理者』や、国内外の旅行業務を取り扱える『総合旅行業務取扱管理者』といった資格を取得しておくとよいでしょう。

ツアープランナーへの転職

ツアープランナーは旅行に関する専門的な知識が必要となるため、中途採用の際には業界経験が求められることが多く、未経験から応募できる求人はあまり多くありません。

そのため、まずは職種を問わず旅行関連の企業に入り、業界経験を積むというのも一つです。

最初は事務作業からはじめて、ステップアップしたキャリアとしてツアープランナーになる人材を募集している求人もあります。

また、ツアーコンダクターからツアープランナーになるケースも多くみられます。

ツアーコンダクターは派遣制が多く、未経験からでもOKの求人もありますので、まずはツアーコンダクターになり、実務経験を積むというのも良いでしょう。

『国内旅行業務取扱管理者』や『総合旅行業務取扱管理者』の資格を持っておくのも、転職の際に有利になるポイントです。

資格の取得には専門の通信講座もありますので、まずは働きながら取得を目指してみましょう。

ツアーコンダクターへの転職なら・・・
クリエイティブの求人ならリクナビNEXT