TVディレクターの主な仕事内容・なり方・転職について

TVディレクターの仕事内容

TV番組の制作において、企画立案から完成まで関わるスタッフの指揮官的な位置にいる人をTVディレクターと呼びます。

TVディレクターどうしたら面白い番組を作れるかということを意識して企画を練り上げ、その企画に基づき台本や出演者を決めていきます。

実際に番組を製作する際には照明や音響のスタッフ、セットを作る大道具や小道具のスタッフ、そして撮影をするカメラマンなどが関わりますので、多くのスタッフに対して的確な指示をする必要があります。

また、生放送の場合、もし何かしらのトラブルがあった時には、即座にTVディレクターが判断を下さなくてはなりません。

最終的に番組が面白くなるかどうかは、ひとえにTVディレクターの力量にかかっているといえます。

TVディレクターになるには

TVディレクターになるには、TV局の制作部門でアシスタントディレクター(AD)として雑務をこなしていく中で番組制作について学び、昇格するのが一般的です。

また、番組制作会社で働き、その経験や実績をもとにしてTVディレクターになる場合もあります。

TVディレクターは番組制作に関する知識と企画力をある程度積んだ人がなれる職業といえるでしょう。

まずはアシスタントディレクターを目指し、放送局や番組制作会社にアプローチしてみましょう。

そのうえでチーフアシスタントディレクター、TVディレクターとキャリアアップを目指します。

ただし、アシスタントディレクターは多くの雑務をこなさなくてはならず、体力と気力が必要な職務です。

TVディレクターを目指すのであれば、まずはそこをしっかり理解した上で臨むとよいでしょう。

TVディレクターへの転職

TVディレクターへ転職するは、マスコミ業界に関する知識や経験、ディレクションの実務経験などがあった方が有利といえます。

そのため、広告会社や映像制作会社などでディレクションの経験を積んでいた人が転職する場合が多いようです。

ただ中途入社の場合でもアシスタントディレクターからという募集内容も多いので、条件をしっかりと確認した上で転職活動を行いましょう。

またアシスタントディレクターからスタートした場合でも、これまでの経験や能力を存分にアピールすれば、TVディレクターへの道も開けるでしょう。

TVディレクターへの転職なら・・・
クリエイティブの求人ならリクナビNEXT