UIデザイナーの主な仕事内容・なり方・転職について

UIデザイナーの仕事内容

UI(ユーザーインターフェース)デザイナーとは、Webページ内でユーザーが直接操作をする部分のデザインをする職種です。

UIの出来はWebページ内の導線に大きく影響し、直接的にサイトの売上げを左右しますので、デザイナー業界の中でも近年注目されています。

UIデザインの目的はユーザーが快適かつ直感的に操作できることであり、Webサイト以外でもゲームや銀行のATM、オーディオやカーナビなどさまざまな場面で求められます。

そのためUIデザイナーは、プロデューサーやディレクター、グラフィッカーなどとデザインの方向性をしっかりと話し合い、ユーザーの視覚的効果をふまえたデザインを行う必要があります。

UIデザイナーになるには

UIデザイナーになるためには、まずはIllustratorやPhotoshopなどのグラフィックソフトのスキルを身につける必要があります。

これらはあらゆるデザイン系の職種でも必須といえますので、早い段階で身につけておきましょう。

またUIデザインに特化したソフトとして注目されているSketchも覚えておくと有利です。

UIデザインはどれだけ引き出しを持っているかが重要ですので、自分自身がユーザーとして使用してみて、良いと感じたUIを日ごろからメモしておくようにしましょう。

UIデザイナーへの転職

UIデザイナーへ転職するためには、まずはWebデザイナーとしてWebサイト作成の総合的な経験を積むのが近道です。

実際にWebデザイナーからUIデザイナーに転身するパターンは多く見られ、求人案件でもWebデザイナーとしての実務経験が求められる場合もあります。

また最低限IllustratorやPhotoshopは使いこなせるようにしておく必要があるでしょう。

今後UIデザイナーのニーズは高まると見られており、一度実務経験を積んでしまえばその後の転職には不自由しないでしょう。

UIデザイナーへの転職なら・・・
クリエイティブの求人ならリクナビNEXT