UXデザイナーの主な仕事内容・なり方・転職について

UXデザイナーの仕事内容

近年Webサイトやアプリ制作の場において需要が急増している職種がUXデザイナーです。

UXデザイナーの”UX”とは、User Experience(ユーザー・エクスペリエンス)、つまり利用者の体験を意味します。

よってUXデザイナーには、ユーザーが画面や機能が使いやすいか、使用時にストレスを感じないかなどを考慮した上でのデザイン制作が求めらます。

UXデザイナーの仕事は、まず解析ツールやモニターアンケート、聞き取り調査などでユーザー調査を行います。

それらの調査の結果をもとに、対象となるユーザーのペルソナを想定し、ユーザーシナリオを作成し、企画が決まればワイヤーフレームと言われるレイアウト案や、ページ遷移のフローチャートなどを作成し、他の製作チームや開発チームと打ち合わせをしながら実装内容を確定していきます。

そして最終的にユーザーが使いやすいレイアウトや色彩、タイポグラフィを用いたデザインに仕上げていきます。

UXデザイナーになるには

UXデザイナーはデザイン職のなかでもやや特殊で、デザイン的な業務よりもマーケティングやアクセス解析などの情報設計が色合いが強い職種です。

そのため、デザイナーとしての経験が無くてもUXデザイナーを目指すことができます。

ユーザーの利便性と売り上げ達成の両面からのサービス構築を望む企業は増加傾向にあり、未経験からでも比較的求人は探しやすいでしょう。

また、ユーザーの満足度に重きを置いてデザインを考えるため、市場の流れだけでなく消費者心理などについても学んでおくと良いでしょう。

UXデザイナーへの転職

中途採用でUXデザイナーを目指す場合は、即戦力となる経験者が求められることが多いようです。

そのため、IllustratorやPhotoshop、Sketchなどの実務経験があると有利になるでしょう。

また、種類を問わずアプリのデザインや制作経験などがあればさらによいでしょう。

技術面以外にも、データや数値から理論立ててデザインを考えられる力、プロジェクトメンバーと円滑にコミュニケーションを取れる力も重要です。

それらに関しても前職での業務を通してアピールとなる部分を考えてみると良いでしょう。

UXデザイナーへの転職なら・・・

UXデザイナーへの転職を考えるなら、IT/Web系のエンジニア・デザイナーに特化した転職斡旋サービス『レバテックキャリア 』がおすすめです。

  • 転職先企業の情報の多さ
  • 業界最大級の非公開案件数
  • キャリアコンサルタントの実績、丁寧な対応

を特徴としており、UXデザイナー案件も数多く扱っていますので、まずは無料登録をしてみるとよいでしょう。

レバテックキャリア に無料登録してみる】