映像クリエイターの主な仕事内容・なり方・転職について

映像クリエイターの仕事内容

映像クリエイターは、映像制作全般に携わるクリエイター職の総称です。

映像クリエイターの仕事はテレビ番組やコマーシャルの制作からWebコンテンツ、アニメーションやゲーム、企業やミュージシャンのプロモーションビデオ作成など多岐に渡ります。

企業や広告代理店などのクライアントから発注を受け、企画を考え、撮影・編集・加工などの作業を行い、映像を作り上げます。

映像クリエイターの仕事内容は制作系技術系に大別されます。

制作系はプロデューサーやディレクターなど映像の企画制作に携わる職種で、クリエイティブなセンスや斬新なアイデアが求められます。

一方の技術系は編集オペレーターや音声など動画の編集や加工に携わる職種で、それぞれ専門技術が求められます。

Youtubeなどの動画メディアの持つ影響力が大きくなる中で、今最も注目されるクリエイティブ職の1つといえるでしょう。

映像クリエイターになるには

制作系は特別なスキルが必要ない、完全な実力主義の世界です。

昨今ではスマートフォンでも本格的な撮影や編集ができますので、学生のころから多くの作品を作り、動画メディアで注目されたり映像コンテストで受賞するなどの実績を積むのが近道です。

そのうえでテレビ局や広告代理店、映像制作会社に就職しキャリアを積んでいきます。

一方の技術系では即戦力が求められますので、美術系大学や映像系の専門学校で専門技術を習得するのが近道です。

映像クリエイターへの転職

映像クリエイターは多くの求人情報がありますが、求人の内容はさまざまで案件ごとに求められるスキルが異なります。

映像制作・編集・技術・音響・照明・カメラなどの求人がすべて映像クリエイターの求人に含まれますので、自分のやりたい仕事やスキルにあわせてじっくりと選ぶ必要があります。

また”未経験可”のケースも多く、やる気やコミュニケーション能力次第で未経験からの転職を目指すことも可能です。

映像クリエイターへの転職なら・・・
クリエイティブの求人ならリクナビNEXT