Webコンテンツプランナーの主な仕事内容・なり方・転職について

Webコンテンツプランナーの仕事内容

Webコンテンツプランナーとは、Webデザインにおけるコンテンツ部分の企画を行うクリエイティブ職です。

インターネット上に大量のWebサイトの溢れる昨今では、集客力のあるコンテンツを作れるかどうかは企業にとって最も重要なポイントになっています。

そのためWebコンテンツプランナーは、エンドユーザーのニーズを十分に理解した上で、現状を分析し課題の解決につながるコンテンツのプランニングを行います。

具体的な仕事の流れとしては、まず企画内容をもとにWebサイトのページ構成を練り、要件定義をし、Webデザイナーやライター、フォトグラファーなどへの仕様書や指示書の作成を行います。

ときにはWebサイトのプランニングだけでなく監督的な役割を求められ、完成までのディレクションをしなくてはならない場合もあります。

またWebサイトを一般公開した後も、定期的な成果の検証を行いクライアントの望む成果達成へのフォローを行います。

Webコンテンツプランナーになるには

Webコンテンツプランナーはまだ新しい職種であり、多くの場合WebデザイナーやWebディレクターとの兼任となります。

そのため、新卒でWebコンテンツプランナーを目指すのであれば、まずはWeb制作会社や広告代理店、デザイン事務所などでデザイナーやディレクターとしての経験と技術を積むのが近道です。

また、今後流行りそうなものや人気が出そうなものに敏感に反応し、トレンドをいち早くつかめるアンテナの鋭さも必須のスキルです。

日頃から積極的に情報収集を行い、様々なものごとへの知見を広げておくように心がけましょう。

Webコンテンツプランナーへの転職

Webコンテンツプランナーには、クライアントの要望に応えるだけでなく提案する能力も求められます。

そのため、WebデザイナーやWebディレクターの経験が無い場合でも、高い企画提案能力さえあれば十分にチャレンジしてみる価値があるでしょう。

また、仕様書や企画書などを実際に作業するチームに伝える際には意思疎通が不可欠となりますので、コミュニケーション能力や表現力などもアピールするべきポイントとなります。

Webコンテンツプランナーへの転職なら・・・
クリエイティブの求人ならリクナビNEXT