Webデザイナーの主な仕事内容・なり方・転職について

Webデザイナーの仕事内容

Webデザイナーは、企業や個人などのクライアントの依頼を受けWebページ制作のデザインを担当する仕事です。

仕事の範囲は幅広く、ホームページ自体のデザインだけでなく、Webサイトを構成する言語であるHTMLやCSS、JavaScriptなどを用いたコーディングも行います。

またIllustratorやPhotoshopなどのグラフィックソフトを使用し、ロゴやアイコンのデザインをしたり、画像処理や写真加工を行います。

ただ美しいだけでなくユーザーが使いやすいデザインを求められるため、最終的にはミリ単位の細かい調整を行わなければならない、とても根気のいる職種です。

またクライアントの要望に沿ったWebサイトを作るために打ち合わせを繰り返す必要があるため、デザインやプログラミングの能力以外にも高いコミュニケーション能力が求められます。

Webデザイナーになるには

Webデザイナーになるために特定の資格は必要ありませんが、ある程度Web関係の知識やスキルは必要です。

そのため、WebスクールなどでHTMLとCSSに関する基礎知識を学び、最低限のスキルを身につけておく必要があるでしょう。

どちらも比較的簡単な言語ですので、半年から一年程度学べばある程度使いこなせるようになるでしょう。

またIllustratorやPhotoshopの使い方も学んでおいたほうがよいでしょう。

Webデザイナーへの転職

近年のWeb業界は活況が続いており、必然的にWebデザイナーの需要も高くなっています。

そのため、求人案件の中には未経験者可の案件も散見されます。

また転職後の給与のベースは決して高くはありませんが、経験を積みWebディレクターやWebプロデューサーへと転身することで年収アップが見込めます。

Webデザイナーへの転職なら・・・
クリエイティブの求人ならリクナビNEXT