ウェディングプランナーの主な仕事内容・なり方・転職について

ウェディングプランナーの仕事内容

ウェディングプランナー(ブライダルプランナー)とは、結婚式を挙げたいというカップルのために、結婚式全体についての企画・運営をする仕事です。

結婚式を挙げるにあたり、日取りや衣装、料理などの手配や招待客への告知など、決めなくてはならないこと・やらなくてはならないことは山のようにあります。

それを全てサポートしていくのが、ウェディングプランナーなのです。

具体的な仕事の流れとしては、まず結婚式を挙げる予定のカップルから、どんな式を挙げたいのかという要望をヒアリングします。

結婚式場に勤務するウェディングプランナーの場合は、自社の結婚式場でどのようなことができるのか、どのような会場があるのかなどを実際に場内を案内しつつ提案していく場合もあります。

会場が決まったら、予算を見ながら日取りや衣装、式の進行などについての細かなプランを決めていきます。

それに伴い、司会者や牧師・神主などが必要な場合は手配をし、会場や料理・衣装などに関わるスタッフの調整を行います。

そうして迎えた結婚式当日は、早々に会場入りして手配している全てのものに不備が無いかを確認し、式の開始時間に間に合うように会場全てのスタッフたちへ指示を出します。

肝心の式の最中も、つつがなく進行できるよう立ち合います。

このように、企画提案の段階から立ち会った結婚式、披露宴が無事終わった瞬間が、ウェディングプランナーにとって最高の瞬間なのです。

ウェディングプランナーになるには

ウェディングプランナーには公的な資格というものはなく、適正さえあればだれでも就ける職種と言えます。

ウェディングプランナーの所属先としては、ホテルや結婚式場のほかに、ウェディングそのものをプロデュースする会社の場合もあります。

呼称も企業によって「ブライダルプランナー」や「コーディネーター」と変わる場合もありますが、実際にどの立ち位置で結婚式に携わりたいのかを考え、それにあった企業を選ぶと良いでしょう。

また割合としては女性が大半ではありますが、近年は男性のウェディングプランナーも増えつつあります。

ウェディングプランナーへの転職

ウェディングプランナーは、適正さえあれば前職の種類に関わらず目指すことができる職種です。

結婚式と言う人生の大きなイベントの一つに携わる仕事ですから、当然やらなくてはならない業務量も多く、臨機応変に対処する力も要求されます。

その分達成感ややりがいを感じられることから、人気の職種の一つになっています。

人を幸せにすることや人の笑顔を見ることが好きな人は、ウェディングプランナーの適性があるといえるでしょう。

ウェディングプランナーへの転職なら・・・
クリエイティブの求人ならリクナビNEXT