ライターの主な仕事内容・なり方・転職について

ライターの仕事内容

ライターとは、雑誌などの媒体に掲載する記事の執筆のほか、インターネットサイトに掲載される記事の執筆を行う職業です。

ライターの仕事は記事の執筆以外にも取材や資料の収集も含まれるため、一流のライターになるためには文章力以外にも行動力や専門知識、語学力やコミュニケーション能力が求められます。

スマートフォンの普及により、大人も子供も一日のうちの相当時間をスマートフォンにさわってすごすようになった現代においては、ホームページやブログなどのインターネット上に掲載される文章を執筆するライター(Webライター)のニーズが高まっています。

ライターになるには

雑誌などの記事のライターは、出版社の社員や編集プロダクションのライター、評論家などが行います。

プロのライターになるには大学や専門学校を卒業後に出版社や編集プロダクションに勤めるか、雑誌編集部でのアルバイトなどで経験を積んだ後にフリーのライターとして独立するのが一般的です。

またインターネットサイト用の記事を執筆するライター(Webライター)の場合には、ランサーズやクラウドワークスなどの仲介会社に登録することで、比較的簡単に仕事を受注することができます。

そのため、ほかの仕事を行うかたわらで副業としてライターの仕事をする人も多いようです。

ライターへの転職

未経験からライターへの転職を行うためには、まずはWebライターとして会社をやめずにお試しで仕事をしてみて、適性を見極めるのがよいでしょう。

ライターの収入は、実力や実績によって大きく変わります。

実績がない段階では仕事の単価が低いため、ライターとしてある程度の金額を稼ぐためには膨大な文章を執筆する必要があります。

実際にライターの仕事を体験し、どの程度稼げそうか、または適性がありそうかを見極めた上で、フリーランスを目指すか編集プロダクションなどで働く道を探してみましょう。

ライターへの転職なら・・・
クリエイティブの求人ならリクナビNEXT