グラフィックデザイナーの主な仕事内容・なり方・転職について

グラフィックデザイナーの仕事内容

パソコングラフィックデザインとは、新聞や雑誌、広告などの媒体を通じて画像や文字でメッセージを伝えるための手段です。

そして、それらの企画や製作を行うのがグラフィックデザイナーの仕事になります。

メーカーや広告代理店より発注を受け、商品の情報やコンセプト、ターゲットをもとにデザインを作成します。

発注者は完成したデザインをもとに多額の費用をかけて宣伝を行うため、多数の案の中から選ばれるのが常です。また、場合によってはコンペ形式で多数の同業者と競い合うこともあります。

たいていの場合はプランナーやコピーライター、イラストレータなどとチームを組んで製作を行います。

働く場所としては広告代理店や印刷会社、メーカーのデザイン部門や制作プロダクションなどが主で、経験をつんだ後に独立してデザイン事務所を立ち上げるケースもあります。

また、グラフィックデザイナーを経てイラストレーターに転身する場合もあります。

グラフィックデザイナーになるには

グラフィックデザイナーになるためには特別な資格は必要ありません。

一般的ななり方としては、美術系の大学や専門学校を経てデザイン事務所や広告代理店、広告制作会社などに就職します。

グラフィックデザインの定番ツールであるillustratorやPhotoshopのスキルは必須といえるでしょう。

また美的センスやデザインの知識のほかに、クライアントの意図を理解して提案を行うコミュニュケーション能力も必要です。

大規模なプロジェクトにおいては多くのチームメンバーを率いて作業を行うこともありますので、協調性や社交性も求められます。

グラフィックデザイナーへの転職

グラフィックデザイナーは転職市場でのニーズが高く、比較的転職しやすいクリエイティブ職といえます。

たいていの場合illustratorやPhotoshopのスキルは必須ですが、未経験者であっても一定以上の能力があれば転職のチャンスがあります。

ただし転職後の年収は低めに設定されている場合が多く、収入を増やすためには実績を積む必要があります。

グラフィックデザイナーへの転職なら・・・
クリエイティブの求人ならリクナビNEXT